Dr.福澤 見菜子公式インスタグラム クリニック公式インスタグラム
  • HOME
  • コラム
  • 糸リフトアップ(スレッドリフト) | 切らないたるみ治療の効果やデメリットまで解説

糸リフトアップ(スレッドリフト) | 切らないたるみ治療の効果やデメリットまで解説

2023.10.24コラム

糸リフトアップ(スレッドリフト)とは、切らないたるみ治療のことです。

即効性の高いリフトアップ治療を希望する方や、レーザー治療では満足できなかった方には、糸リフトアップが適しています。

本記事では、糸リフトアップの効果や値段、メリットやデメリットなどをまとめました。

糸リフトアップでほうれい線を目立たなくしたい方や、フェイスラインをすっきりとさせたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

東京で糸リフトアップの名医をお探しの方には、スワンクリニック銀座がおすすめです。

院長をはじめスタッフ全員が糸リフトアップの経験者ですし、症例数も2,000件を超えています。

院長の福澤医師は、厚生労働科研事業美容医療ガイドライン(令和三年度版)の、スレッドリフトのガイドライン作成委員も務める医師です。

学会でもスレッドリフトの講演をおこなっており、信頼できる技術力があります。

カウンセリングでは、一人ひとりの肌状態に合わせたオーダーメイドの施術を提案させていただくため、ぜひ一度ご相談ください。

糸リフトアップ(スレッドリフト)とは切らないたるみ治療のこと

糸リフトアップ(スレッドリフト)とは、切らないたるみ治療のことです。

施術の際にメスを使用しないため、体や皮膚に大きな負担をかけたくない方や、ダウンタイムの短い施術を希望する方に適しています。

糸リフトアップは、トゲ(コグ)のついた特殊な糸を皮下組織に挿入し、コグの引っかかりと糸の反発力で物理的にたるみを引き上げる施術です。

溶ける糸と溶けない糸の2種類から選択できますが、近年は溶ける糸が主流になってきています。

糸リフトアップは、次のような方におすすめの施術です。

  • 顔にメスを入れずに顔のたるみを改善したい
  • すぐに効果を実感できるたるみ治療を受けたい
  • ほうれい線や頬、フェイスラインや口元のたるみが気になる
  • たるみを予防したい
  • フェイスラインを美しく整えたい
  • レーザー治療では満足できなかった
  • 肌のハリやツヤを向上させたい

糸リフトアップは、顔に適度な脂肪とくぼみがあり、たるみすぎていない方向けの施術です。

顔に弾力がある方や皮膚に多少の厚みがある方も、糸リフトアップが適しています。

糸リフトアップは、たるみ予防の治療です。

定期的に施術を受けてよい状態をキープしたいと考えている方も、施術の満足度が高くなる傾向にあります。

糸リフトアップ(スレッドリフト)のメリット・効果

糸リフトアップ(スレッドリフト)のメリット・効果は、次のとおりです。

  • たるみ改善・予防効果
  • 美肌・しわ改善効果
  • 小顔効果
  • ダウンタイムが短い

それぞれ詳しく解説します。

たるみ改善・予防効果がある

糸リフトアップには、たるみ改善・予防効果があります。

たるみが気になる箇所に糸を挿入することで、たるんでいる皮膚を物理的に引き上げることが可能だからです。

糸リフトアップで挿入した糸の周りでは、コラーゲンが作り出されます。

時間経過により溶ける糸が体内に吸収されたあとも、コラーゲンなどの線維組織が皮膚や皮下組織を支えるため、たるみ予防が可能です。

たるみの進行を遅らせたい方は、早い段階で糸リフトアップをおこないましょう。

たるみ改善や予防を目的としている方には、太さ約0.5mmの糸を使用する引き上げ系スレッドが適しています。

美肌・しわ改善効果がある

糸リフトアップには、美肌効果やしわ改善効果もあります。

糸の挿入によりコラーゲンが作り出されると、肌のハリやツヤが向上するからです。

コラーゲンが増産されることで肌に弾力が出ると、しわも目立たなくなります。

なお、糸リフトアップをおこなうことで、たるみが原因で起こるたるみ毛穴も改善可能です。

美肌効果やしわ改善効果を狙いたい方には、太さ約0.1mmの糸を使用する引き締め系スレッドが適しています。

小顔効果がある

糸リフトアップには、小顔効果も期待できます。

たるみを物理的に引き上げることで、フェイスラインが引き締まるからです。

フェイスラインが引き締まると顔の印象が若々しくなり、輪郭も美しく整います。

ダウンタイムが短い

施術時の痛みが少なくダウンタイムが短い点も、糸リフトアップのメリットです。

施術直後のメイクは不可ですが、洗顔やシャワーは当日からおこなって構いません

ダウンタイムの期間は1日〜3週間ほどと個人差がありますが、施術後数日ほどは次のような症状が出る場合があります。

  • 施術部位の腫れや痛み
  • 皮膚が突っ張るような感覚
  • 施術部位の内出血

糸リフトアップが馴染むまでの期間は、1〜2週間ほどです。

糸が肌に馴染めばダウンタイム中の症状も治まるため、ご安心ください。

糸リフトアップ(スレッドリフト)の効果が持続するのは約2年

糸リフトアップ(スレッドリフト)の持続期間には個人差がありますが、約2年間です。

施術後3〜6ヶ月ほどで糸リフトアップの持続性がやや落ち、その後は施術後1~2年間ほぼ同じ状態をキープします。

持続期間が過ぎたあとは徐々にたるみの症状が出てきますが、いきなり皮膚がたるむわけではないですし、何もしないまま歳をとるよりはたるみの進行も遅いのでご安心ください。

たるみのない状態をキープしたい場合は、繰り返し糸リフトアップの施術を受けましょう。

糸リフトアップ(スレッドリフト)のデメリット

即効性の高いたるみ治療の糸リフトアップ(スレッドリフト)ですが、次のようなデメリットがあるため注意が必要です。

  • 顔がひきつる、腫れる、むくむことがある
  • 口が開けにくくなる
  • 笑うと痛みを感じることがある
  • 肌に凸凹ができる場合がある
  • 皮下の糸が見えることがある
  • 効果は半永久的ではない

この多くは一時的なものですが、それぞれ詳しく解説します。

顔がひきつる、腫れる、むくむことがある

糸リフトアップの施術を受けると、顔がひきつったり腫れたりむくんだりする場合があります。

施術後に顔がひきつる原因は、麻酔の影響や組織を強く引き上げすぎていることです。

麻酔の場合は当日中、引き上げすぎの場合は施術後1ヶ月ほどで落ち着いてきます。

1ヶ月以上経ってもひきつりが気になる場合は、医師に相談しましょう。

糸リフトアップの施術後は顔が腫れたりむくんだりする場合もありますが、軽度で治まるケースが大半です。

腫れやむくみは施術後数日で落ち着くケースが多く、長くても2週間ほどで気にならなくなります。

ただし、施術を担当する医師の腕にもよるため、クリニック選びは慎重におこないましょう。

口が開けにくくなる

糸リフトアップの施術後は、口が開けにくくなることがあります。

口が開けにくくなる原因は、施術直後は皮下組織がしっかりと持ち上げられ、固定された状態だからです。

通常は1週間ほどでなじんでくるため、ご安心ください。

笑うと痛みを感じることがある

糸リフトアップの施術直後は、笑った際に痛みを感じる場合があります。

笑った際に痛みを感じる原因は、糸リフトアップがまだ顔になじんでいないからです。

通常であれば1〜2週間ほどで糸リフトアップがなじみ、痛みも徐々に治まっていきます。

笑った際の痛みは、3週間ほどで改善するケースが一般的です。

肌に凸凹ができる場合がある

糸リフトアップをおこなうと、肌に凸凹ができる場合もあります。

肌に凸凹ができる原因は、糸のひっかかりが強すぎることです。

通常であれば2週間ほどで改善するため、過度に心配する必要はありません。

ただし、2週間〜1ヶ月以上経過しても凸凹が治らない場合は、クリニックに相談しましょう。

皮下の糸が見えることがある

糸リフトアップの施術後に、皮下の糸が透けて見える場合もあります。

糸が透けて見える原因は、皮膚の厚さに適していない糸の使用です。

太い糸を使用した場合に起きやすい失敗例のため、太い糸での施術を希望している方はとくに注意しておきましょう。

適切な糸の選定は、医師の経験によって磨かれるものです。糸リフトアップの施術を受ける際は、皮膚の厚さをしっかりと確認し、適切な糸を選択してくれる医師およびクリニックを選ぶことが大切です。

効果は半永久的ではない

リフトアップ効果が半永久的ではない点も、糸リフトアップのデメリットです。

持続期間には個人差はありますが約2年間で、その後は徐々にたるみの症状が出てきます。

なお、施術後3〜6ヶ月ほどで持続性がやや落ち、その後は施術後1〜2年間、ほぼ同じ状態をキープ可能です。

参考までのお話ですが、先日の美容外科学会で招待講演をされていた韓国の有名医師ですら、どんなに長くてもリフトアップされた期間は半年間と述べていました。

もっと持続期間の長い施術を希望する方には、糸リフトアップは向いていません。

糸リフトアップ(スレッドリフト)で失敗しないための注意点

糸リフトアップ(スレッドリフト)で失敗しないためには、カウンセリングをしっかりと受け、納得してから施術を受けることが大切です。

施術の説明をきちんと受け、不明点や不安を相談することはもちろん、希望する顔のイメージを医師にしっかりと伝えましょう。

糸リフトアップで失敗しないためには、自身の肌状態に見合った強度の糸や本数を選択する必要があります。

肌状態を入念に確認し、最適な糸の組み合わせを提案してくれるクリニックを選びましょう。

カウンセリングで納得できないときは契約を見送り、ほかのクリニックを検討することも大切です。

糸リフトアップは医師の腕で仕上がりが左右されるため、口コミや症例写真をしっかりと確認し、信頼できるクリニックを見つけましょう。

東京・スワンクリニック銀座の糸リフトアップ(スレッドリフト)が選ばれる理由

東京・スワンクリニック銀座の糸リフトアップ(スレッドリフト)が選ばれる理由は、次のとおりです。

  • 一人ひとりの肌状態に合わせたオーダーメイドの糸リフトアップ
  • 痛みと腫れが少なくダウンタイムが短期間で済む
  • 糸リフトアップの名医在籍で施術満足度が高い

それぞれ詳しく解説します。

一人ひとりの肌状態に合わせたオーダーメイドの施術が可能

スワンクリニック銀座の糸リフトアップでは、一人ひとりの肌状態を入念に確認し、完全オーダーメイドの施術計画を立てます。

カウンセリングで最も重要な工程は、現在の肌状態と希望する仕上がりの確認です。

お客様と共通の認識を持つことで、施術後にイメージ違いが生じるリスクを最小限に抑えます。

リフトアップさせる部位ごとに価格を設定している点も、スワンクリニック銀座の糸リフトアップの特徴です。

カウンセリングのうえで最適な糸の種類や本数を提案させていただきますが、組み合わせにより価格が変動することはありません

たるみのメカニズムと顔の構造を深く理解したうえで、一人ひとりに最適なデザインを提案させていただくため、ぜひ一度ご相談ください。

痛みと腫れが少なくダウンタイムが短期間で済む

ダウンタイムが短期間で済む点も、スワンクリニック銀座の糸リフトアップの特徴です。

解剖学的に適切な位置に適切な処置をおこなうことで、施術による痛みや腫れを抑えています

施術により顔に余計なダメージを与えられないか心配な方は、ぜひスワンクリニック銀座にご相談ください。

スワンクリニック銀座では、使用する麻酔薬にもこだわっています。

麻酔自体の痛みを抑えるよう工夫した組成のため、痛みに弱い方でも安心です。

施術を受けたお客様に実施したアンケートでは、痛みは10段階中平均2.07でした。

想像より痛くない、まったく痛くなかったという声を多くいただいています。

※0が無痛、10がこれ以上ないくらいの激痛

施術後の腫れは平均3. 07日で、仕事を長期間休めない方でも気軽に施術を受けられます。

一般的な糸リフトのダウンタイムはおよそ1週間なので、ダウンタイムをなるべく短く済ませたい方にはスワンクリニック銀座での施術が最適です。

糸リフトの名医が在籍するため施術の満足度が高い

スワンクリニック銀座の強みは、糸リフトアップの名医在籍で施術満足度が高い点です。

院長をはじめスタッフ全員が糸リフトアップの経験者のうえ、症例数は2,000件を超えています

医師の技術力と実積を重視する方にこそ、スワンクリニック銀座はおすすめです。

経験者ならではの目線で、お客様に寄り添ったカウンセリングと施術を提供させていただきます。

院長の福澤医師は、厚生労働科研事業美容医療ガイドライン(令和三年度版)の、スレッドリフトのガイドライン作成委員も務める医師です。

学会でもスレッドリフトの講演をおこなっており、信頼できる技術力があります。

院長の施術は大変好評で、お客様に実施したアンケートでは100%の方が、糸リフトアップをやるならまた院長に任せたいと回答してくださいました。

施術自体の満足度も高く、97%のお客様がまた糸リフトをやりたいと回答してくださっています。

糸リフトアップの技術力が高く施術満足度も高いクリニックをお探しの方は、ぜひ一度カウンセリングでご相談ください。

東京・スワンクリニック銀座の糸リフトアップ(スレッドリフト)の料金

スワンクリニック銀座では、次の料金で糸リフト(スレッドリフト)の施術を受けられます。

施術 内容 通常料金 モニター料金
A:フェイスライン
(輪郭のたるみ)
糸リフト入れ放題
+エラボトックス
+顎ヒアルロン酸
440,000円 350,000円
B:口横+フェイスライン
(下顔面トータルケア)
糸リフト入れ放題
+マリオネットラインヒアルロン酸
+口横サーマジェン(レーザー)
550,000円 420,000円
C:ほうれい線リフト
(頬を持ち上げ、くぼみを埋める)
糸リフト入れ放題
+ほうれい線ヒアルロン酸2cc
+マイクロカニューレ
350,000円 280,000円
AまたはBにCを追加する場合 220,000円 180,000円
D:あご下リフト
(あご下たるみ、二重あご改善)
+あごヒアルロン酸
275,000円 220,000円
A・B・CにDを追加する場合 セットで使用する薬剤:
ボトックス(Botulax)
ニューラミスDeep(ほうれい線)
Sardenya(あご)
165,000円 132,000円
※脂肪由来幹細胞培養上清添加は55,000円

糸の追加をしたい場合は、次の料金で施術を受けられます。(糸リフト1本追加の価格)

施術 内容 通常料金 モニター料金
糸リフト1本追加 クイックリフト 40,000円
アンカープラス
メッシュリフト
55,000円 44,000円
テスリフト 66,000円 60,000円

また、引き締め目的の糸リフトは、次の料金で受けられます。

施術 回数 通常料金 モニター料金 特別料金
口横ぽっこり対策セット
(ショッピングリフト30本+口横サーマジェン)
1回 110,000円 95,000円 88,000円
2回 200,000円 170,000円 160,000円
※脂肪由来幹細胞培養上清添加33,000円

 

施術 本数 通常料金 特別料金
ショッピングリフト 10 33,000円
20 60,000円 48,000円
30 85,000円 68,000円
40 100,000円 80,000円
60 144,000円 115,200円
80 180,000円 144,000円
100 200,000円 160,000円
※脂肪由来幹細胞培養上清添加33,000円

 

施術 本数 通常料金 特別料金
ビタミンリフト 10 80,000円 64,000円
20 120,000円 96,000円
30 175,000円 140,000円
40 230,000円 184,000円
60 330,000円 264,000円
※脂肪由来幹細胞培養上清添加33,000円

他院の糸リフト・脂肪吸引・バッカル・切開リフト後の修正は、+ 100,000円で承れます。

初回の方でも、セットではなく本数表による対応も可能です。

モニター料金や特別料金も用意しているため、お得に糸リフトの施術を受けたい方はぜひ検討してみてください。

まとめ

糸リフトアップとは、切らないたるみ治療のことです。

特殊な糸を皮下組織に挿入して物理的にたるみを引き上げるため、すぐにリフトアップ効果を実感できます。

糸リフトアップの効果は、たるみ改善や予防、美肌効果や小顔効果やしわ改善効果です。

ただし、施術後3〜6ヶ月ほどで持続性がやや落ち、施術後1〜2年で徐々にたるみの症状が出てきます。

たるみのない状態をキープしたい方は、定期的に糸リフトアップの施術を受けましょう。

東京で糸リフトアップの名医をお探しの方には、症例数2,000件以上を誇るスワンクリニック銀座がおすすめです。

院長の福澤医師は、厚生労働科研事業美容医療ガイドライン(令和三年度版)の、スレッドリフトのガイドライン作成委員も務めています。

学会でもスレッドリフトの講演をおこなっているため、技術力の高い医師に任せたい方でも安心です。

スワンクリニック銀座は、東京メトロ銀座線「銀座」駅A2出口より徒歩1分の好立地で、気軽に通っていただけます。

東京メトロ各線の銀座駅からも徒歩2〜3分のため、新宿や池袋や品川や新橋などをよく利用する方にもおすすめです。

定期的な糸リフトアップを検討しており駅近のクリニックをお探しの方や、技術力が高く実積が豊富なクリニックをお探しの方は、ぜひ一度ご相談ください。

カウンセリングを入念におこない、一人ひとりに最適なデザインを提案させていただきます。

記事監修医師プロフィール

スワンクリニック銀座院長/日本形成外科学会専門医・医学博士

福澤 見菜子

経歴
2006年慶應義塾大学医学部卒業
2008年東京大学医学部付属病院 形成外科美容外科 入局
2012年大塚美容形成外科 千葉院院長 就任
2017年湘南美容クリニック 松戸院院長 就任
2019年湘南美容クリニック 赤坂見附院院長 就任
2020年医学博士取得
資格
日本美容外科学会(JSAPS、JSAS) 正会員
日本形成外科学会専門医 / 医学博士
埼玉医科大学総合医療センター形成外科・美容外科 ⾮常勤講師