公式インスタグラム

眉下切開

TREATMENT

眉下切開とは

ABOUT

眉下切開は、加齢によってたるんできたまぶたを引き上げたり、腫れぼったい目を解消するために眉毛の下のラインに沿って切開し、眉毛の下の皮膚や皮下組織を切除する施術です。上まぶたの厚みやたるみを改善することができ、目元がすっきりします。

眉下切開の効果

まぶたのたるみを改善できる、目を開きやすくなる
眉下切開を行うことで、まぶたのたるみを改善できます。目尻側のたるみが気になる場合は、眉下切開でしっかりたるみ改善効果が期待できます。また、余分な皮膚の乗っかりが解消されるため、目が開けやすくなります。自然な印象に仕上げることができるたるみ治療です。
眉毛と目の距離が近くなりお顔のバランスが整う
眉下切開で眉の上の皮膚や皮下組織を切除すると、眉毛と目の距離が近くなります。これによりお顔のバランスが整います。
分厚いまぶたがすっきりする
まぶたが分厚い方は、眉下切開を行うことでまぶたの厚みが解消されて、すっきりした印象になります。二重まぶたの方は二重のラインがよりはっきりします。

眉下切開の施術方法

METHOD

眉下切開では眉毛の下を切開しますが、切開方法によっては、傷跡が残りやすくなってしまう可能性があります。傷跡を残さない方法として、「毛包斜切断法」と呼ばれる切開方法があります。これは、毛根を切断するように眉毛の中に切り込みを入れて縫合していく方法です。縫合の際は、一つひとつ丁寧に縫合する結節縫合という方法で行います。これにより、傷あとの赤みが出にくくなります。眉下切開の手術は、術後1週間程度のダウンタイムがあります。内出血はメイクでカバーできますが、腫れや赤みは数日間はしばらく目立つ可能性があります。

眉下切開の失敗事例

眉下切開で起こる失敗事例をまとめておきます。

ひきつれたような線ができてしまう
眉下切開を行ったことで、上まぶたの内側から外側に向かってひきつれたような線ができてしまうことがあります。これは、眉頭を切開しないことで入りやすくなるとデザインや切除量が原因で生じやすいと言われています。眉の外側だけでなく、眉頭まで切開することで、自然な仕上がりになります。
傷口が残って目立ってしまう
切開する位置によって、デザインや縫合技術不足により傷口が残って目立ってしまうということがあります。
左右非対称になってしまう
眉下切開は、左右行います。経験の浅い医師が行った場合、左右差が出てしまう可能性があります。

眉下切開はこんな方におすすめ

RECOMMEND

  • 上まぶたのたるみが気になる方
  • 上まぶたが分厚い方
  • 上まぶたが腫れぼったいことで悩んでいる方
  • 目の上のたるみで二重のラインが狭くなっている方

スワンクリニックの眉下切開

  • 01

    スワンクリニックでは、眉下切開で失敗してしまうことがないように、しっかりカウンセリングを行ったうえで、手術を行っています。

    皮膚が二重ラインの上に覆いかぶさって瞼が腫れぼったく見えます。無意識のうちに眉を挙げてものを見るようになってしまいました。

    眉下切開のみですが、まるで二重の手術をしたように目元がぱっちりし、若返りました。
    何より目が開きやすくなり、表情が自然になりました。この時期は傷はノーメイクだと赤みがありますが、メイクをすれば気づかれることはほぼありません。
    目元は、どんなに努力やケアをしても加齢と共に変化していくパーツです。
    眉下切開は、被さった余分な皮膚を除去したり、アンバランスになってきた目元の皮膚を整えることで、自然な本来の目元を取り戻す手術と考えるのが良いでしょう。

眉下切開の料金のご案内

PRICE

眉下切開法(ブローリフト)
  • 通常価格¥330,000
  • モニター価格¥231,000