公式インスタグラム

副皮切除術

TREATMENT

副皮とは

ABOUT

副皮(ふくひ)とは、小陰唇と大陰唇の間にあるヒダ状の皮膚のことを指し、これを副皮と呼ぶことがあります(解剖学的な正式名称ではなく、いわゆる俗称です)。副皮は全くない方や、2重3重にある方、片側だけある方もいますが、正常・異常というより個人差ととらえた方がよいでしょう。小陰唇と区別がつきにくく、混同されている場合も多いです。

どのような形でも異常ではありませんから、必ず手術が必要というわけではありませんが、ヒダの間に垢が溜まったりすることで臭いの原因になったりするので、治療をした方が良い場合があります。
また、クリトリス包茎や小陰唇肥大が同時にある場合は、全体のバランスも考えてクリトリス包茎手術や小陰唇縮小術も合わせて行う場合もあります。(小陰唇縮小術を行う際に副皮の状態によっては同時に施術する必要があるケースがございます。)

副皮切除術の施術方法

METHOD

副皮切除術は、上記のお悩みにあるように、ニオイ、炎症、コンプレックスなどの女性特有の悩みを解消するために、余分なヒダを切除して、女性器の形を整える手術です。副皮切除は、小陰唇縮小と同時に行うことが多いです。
手術前には大きさや形など、患者様のご希望をしっかりと確認します。

治療を受けられる際にあたって心配なのは、手術の痛みだと思います。当院では通常、静脈麻酔下に手術を行いますので、始めから最後までお痛みを感じることなくお受けいただけます。陰部は血流が豊富な部位ですので1~2週間血がにじむことがありますが、徐々に落ち着きます。
この間はナプキンで患部を保護してください。治療当日はできるだけ安静に過ごしてください。

副皮切除術はこんな方におすすめ

RECOMMEND

  • 外見の左右差が気になる。
  • 小陰唇とのバランスが悪い。
  • 皮膚・襞に汚れが溜まってしまう。
  • 汚れのために女性器が臭う。
  • 介護を受ける時のために、見た目を整えたい。

副皮切除術の施術詳細

DETAILS

施術時間

30~60分ほどで終了します。

麻酔

眠っていただいている間に手術を行う静脈麻酔が一般的です。(既往歴などにより変更の可能性あり)また、手術後の痛みを抑える麻酔もご用意しています。

痛み

術後3日~1週間ほどで治まります。

腫れ・傷跡

血流が豊富な場所の為、傷跡は目立ちません。
腫れや赤みは個人差はありますが、1~2週間ほどで治まります。

通院ペース

ワンデー(抜糸なし)の場合はありません。
抜糸ありの場合は、抜糸のために10日~14日後1度診察にお越しください。

お薬

内服薬3日分(抗生剤/痛み止め)、塗り薬

シャワー・入浴

シャワーは翌日より可能です。入浴はお体を温めると腫れが長引く場合がありますので、ワンデー(抜糸なし)は2週間、抜糸ありは1ヶ月間は避けてください。

性交渉

ワンデー(抜糸なし)は2週間、抜糸ありは1ヶ月後から可能です。(仕上がり・痛み・ダウンタイムには個人差があるため、術後の経過によってこの限りでない場合がございます。)

術後

当日は長時間の歩行は避け、帰宅後安静にお過ごしいただき、必要以上に患部は触らない様にしてください。通常のデスクワークは翌日から可能ですが、痛みを抑えるエクスパレルの併用をお勧めします。

副皮切除術の料金のご案内

PRICE

モニターは静脈麻酔とExparelを併用する方とさせていただきます。片側の場合は下記×0.6の価格です。

副皮切除(抜糸あり)
  • 通常価格¥220,000
  • モニター価格¥132,000
ワンデー副皮切除(抜糸なし)
  • 通常価格¥298,000
  • モニター価格¥178,800