会陰部贅皮切除術treatment

会陰とは?

会陰とは、腟口から肛門の間の部分を指します。VIO脱毛を受ける時の、IラインとOラインの間とも言えます。

原因と症状

出産の際、会陰が大きく裂けたり、意図的に会陰切開をすることも少なくありません。会陰切開は初産婦で6~7割、経験婦で5割程度の確率で行われていると考えられます。また、切開をしない場合でも、7割以上の確率で会陰は裂けて(裂傷)しまいます。

切開や裂傷の傷は出産後に縫合し、本来であれば会陰部の傷跡は時間とともに治癒され順調に回復していくはずですが、中には裂けた部分が治る際に、伸びた皮膚が余分なヒダのような状態で治ってしまい、皮膚が不自然に余ってしまったり、産前と形が変わってしまう事があります。人目に触れる部分ではありませんが、そのことでコンプレックスを感じている方もいらっしゃいます。

また、急激に体重を落とした場合、大陰唇の皮膚が陰嚢の皮膚のような形状になり、シワシワの状態になってしまうこともあります。

会陰のお悩み

  • 出産によって会陰の形が変わってしまった
  • 出産時の会陰切開の傷跡をきれいにしたい
  • 会陰部の形を綺麗にしたい
  • 会陰部の黒ずみがきになる
  • 急激に体重を落としたことで、会陰部がシワシワになってしまった

治療について

会陰部贅皮切除術では、会陰部の余剰な皮、会陰切開傷跡を切除します。また、その際に会陰切開による傷跡を綺麗にすることもでき、産後のコンプレックスを解消します。
余った皮膚のところは同時に色素沈着で黒ずんでいますので、切除することで見た目も改善されます。
さらに、筋層まで裂傷があり会陰部の筋肉が断裂したまま気づかずに治癒してしまっている場合などは膣口の緩みも伴います。
筋層同士を修復することで、膣が締まるようになり見た目のほかに機能的にも改善が期待できます。

麻酔方法

治療を受けられる際にあたって心配なのは、手術の痛みだと思います。当院では通常、静脈麻酔下に手術を行いますので、始めから最後までお痛みを感じることなくお受けいただけます。

陰部は血流が豊富な部位ですので1~2週間血がにじむことがありますが、徐々に落ち着きます。
この間はナプキンで患部を保護してください。治療当日はできるだけ安静に過ごしてください。

治療詳細

  • 施術時間
    30~60分ほどで終了します。
  • 麻酔
    眠っていただいている間に手術を行う静脈麻酔が一般的です。
    (既往歴などにより変更の可能性あり)また、手術後の痛みを抑える麻酔もご用意しています。
  • 痛み
    術後3日~1週間ほどで治まります。
  • 腫れ・傷跡
    傷跡は目立ちません。腫れや赤みは個人差はありますが、1~2週間ほどで治まります。
  • 通院ペース
    ワンデー(抜糸なし)の場合はありません。
    抜糸ありの場合は、抜糸のために10日~14日後1度診察にお越しください。
  • お薬
    内服薬3日分(抗生剤/痛み止め)、塗り薬
  • シャワー・入浴
    シャワーは翌日より可能です。入浴はお体を温めると腫れが長引く場合がありますので、ワンデー(抜糸なし)は2週間、抜糸ありは1ヶ月間は避けてください。
  • 性交渉
    ワンデー(抜糸なし)は2週間、抜糸ありは1ヶ月後から可能です。
    (仕上がり・痛み・ダウンタイムには個人差があるため、術後の経過によってこの限りでない場合がございます。)
  • 術後
    当日は長時間の歩行は避け、帰宅後安静にお過ごしいただき、必要以上に患部は触らない様にしてください。通常のデスクワークは翌日から可能ですが、痛みを抑えるエクスパレルの併用をお勧めします。

料金表

施術名 抜糸有無 通常価格 モニター価格
会陰部贅皮切除術 抜糸あり ¥120,000 ¥60,000
ワンデー(抜糸なし) ¥180,000 ¥90,000

※価格は全て税抜です。
※モニターは審査がございます。
※募集は予告なく終了する事がございます。

よくあるご質問

  • 入院は必要ですか?
    どの治療も日帰りでお帰り頂けます。
  • 治療後に、生理が来ても大丈夫ですか?
    普段通りで大丈夫です。治療部位を清潔に保って下さい。
  • 仕事はどれくらい休まないといけませんか?
    全身への負担は少ない手術なので、事務仕事や家事程度であれば、翌日から普通に仕事ができます。しかし、2日間程度のお休みがあれば安心です。
    立ち仕事や外回りの方は、2〜3日間のお休みを取って、しっかりと安静にした方がその後の経過が早いでです。
  • 痛みが心配です。
    当院では通常、静脈麻酔下に手術を行いますので、始めから最後までお痛みを感じることなくお受けいただけます。
  • 出産に影響はありますか?
    出産にかかわってくる膣の働きには影響しませんので、出産での影響の心配はありません。
  • 出産後どのくらいで治療できますか?
    時間がたつほどに出産時の会陰裂傷の傷は柔らかくなり、その方が手術後の仕上がりが良くなるため、半年以上経過してからが良いです。