診療日一覧

当院は完全予約制となっております。カレンダーに診療の記載のある日にご予約をお願いいたします。

ドクターズブログBLOG

症例解説:小陰唇の一部だけが伸びて擦れる方、結構いらっしゃいます

2021年08月12日

こんにちは。

そろそろお盆ですが、今年はお休みと言ってもコロナでリモートだったり旅行や帰省も行けなかったり、例年とは違いますね。

暑さも格別ですが、皆様お元気でしょうか。

さて、症例解説です。

こんな感じで、小陰唇と副皮の一部が、切れたような感じになっていて、そのまま伸びている方、結構いらっしゃいます。

その部分が擦れたり、引っかかったりするので、生活に不便だし、見た目も恥ずかしいです。

きっかけは色々で、こちらのお客様は気付いたらこうなっていたようですが、子供の頃に転んだり、鉄棒で打ちつけたりして切れて、その後気付いたらこうなっていた、というパターンもよく聞きます。

経験のない人にとっては、そんなことあるの!?っていう感じだと思いますが、結構いらっしゃいます。

そして、医師としては、徐々に伸びてきた、、となると、進行性の腫瘍性病変だったりすると困るので、私も以前は毎回、病理検査に出していました。

ただ、毎回正常な小陰唇の組織で、病的な所見はなく、たまに、一部瘢痕というきずあとの組織が残っていたりするので、やはり何らかのきっかけで割れ目が入って、そのまま成長することが多いのかなぁと思っております。

こういう場合は、飛び出しているところだけきれいに切除するのか、それとも全体的にすっきりさせるのか、お客様と相談して決めていきますが、この程度ですとほとんどの方が、全体をきれいにする方がいいよね、ってなります。

術後1ヶ月です。

抜糸なしでやっていますので、傷はわかりませんね。

 

小陰唇の形や擦れ感が気になる場合は、放っておいてよくなるものではありません。手術でかなりきれいになりますので、お悩みの方はぜひご相談にいらしてください^^

 

記事一覧に戻る

診療日一覧

当院は完全予約制となっております。カレンダーに診療の記載のある日にご予約をお願いいたします。