診療日一覧

当院は完全予約制となっております。カレンダーに診療の記載のある日にご予約をお願いいたします。

ドクターズブログBLOG

小陰唇縮小や大陰唇縮小術後のお痛みについて

2021年08月5日

こんにちは!

先週末は京都の美容皮膚科学会に行ってきました。

美容皮膚科は、どんどん新しい機械が出て、流行もあり、意識して知識をアップデートしていかないと前線にいられないので、非常に勉強になりました。

せっかくなので、ちょこっと京都観光もしてきました。

ずっと行きたかった瑠璃光院です。

机がピカピカに磨いてあって、そこに景色が映っているのですね〜!

私は旅行がとても好きなのですが、コロナでしばらくどこも行けなかったので、束の間ですが、良い気分転換になりました。

さて、本題です。

手術後のお痛みについて。

痛みはかなり個人差がありますが、小陰唇、大陰唇の手術後は、他の部位と比べて痛い印象があります。

感覚も鋭敏だし、立つと水分が下がっきてむくみやすい部位だったり、日常生活で足が動くので完全な安静が難しいのも、影響しているかもしれないですね。

さて、私の小陰唇縮小術を受けてくれた方30人を対象に、術後1週間まで、どのくらい痛かったか調査しました。

痛みを測るNRS Scoreという医学的な指標を使いました。

結果は

アメリカの学会発表に向けて作った資料なので、英語表記ですが、

最悪の痛みを10、無痛を0とすると、当日は5、翌日は約3、2日目は約2.5で、7日目には1未満になります。

ですので、大体の方は翌日くらいお休みとれば、お仕事は問題なさそう!

ちなみに、小陰唇よりも大陰唇の方が痛みは強そうです。

今は、Exparel(エクスパレル)という良い術後鎮痛薬が出たので、それを併用すると特に問題なさそうですが、(Exparelについてはまた今後書きますね!)

Exparelがないと、どのくらいかというと

(私が以前いた大手美容外科のカウンセラーさん曰く)

「大陰唇縮小といえば、術後痛すぎて患者さんから電話がくる手術」

というのを聞いたことがあります。

初めて大陰唇縮小を執刀する前に、ベテランのカウンセラーさんからそれを聞いた時は、そんな恐ろしい手術があるのかと、かなりびっくりしたのでいまだに覚えています。

 

さて、手術部位の特性や、優れた麻酔薬以外で、我々術者ができる痛みを軽減させるpointは、

・手術時間はなるべく短く(冗長にやっていても出血や組織浮腫が進み感染率も上がり、良いことなし!)

・出血をなるべく少なく(必要な止血とちょうど良い縫合)

です。(ちなみに、抜糸なしの方が、内部をしっかり縫合するので治りが早く痛みも少ない印象です)

 

外科的に適切な手術手技そして手術のテンポを習得するために、何年間も形成外科で下積みをしてきました。加えて、私は婦人科形成を多分日本で一番やっていますので、仕上がりだけでなく、恐らく一番痛みの少ない経過は提供できていると思っています。

手術ご希望の方は、ぜひカウンセリングにいらしてください(^^)

 

 

 

 

 

 

記事一覧に戻る

診療日一覧

当院は完全予約制となっております。カレンダーに診療の記載のある日にご予約をお願いいたします。