診療日一覧

当院は完全予約制となっております。カレンダーに診療の記載のある日にご予約をお願いいたします。

ドクターズブログBLOG

クリトリス包茎(陰核包皮)の症例

2021年10月5日

こんにちは。

今回は、クリトリス包茎についてです。

毎日診療していると、問診表に「クリトリス包茎か心配なので診て欲しい」というところに4割くらいの方がチェックを入れてくださっています。

また、他院さんでカウンセリング後に当院を受診して、クリトリス包茎なので手術しないとダメと言われたという方も多いです。

正解がわかりづらい部分ではありますが、女性は包皮がゼロということはなく、むしろ少なすぎると日常生活で擦れて痛みを生じることもありますので、多少被っているくらいが普通です。

指で包皮をそっと持ち上げてクリトリスが露出するくらいであれば手術を受ける必要はないと思います。

一方、手術をした方が良いという方は、

①包皮がしっかりとかぶさっており、最大限持ち上げてもクリトリスが露出しない

②包皮のかぶりが深く、中にあるクリトリス周辺に恥垢が溜まり、炎症を起こして痒みなどがある

上記のケースでは手術をしたほうが良いと思います。

特に②のような場合、年単位で炎症を繰り返すうちに周辺が癒着して、痛みを生じるようになってから手術、という方がまれにいらっしゃいますので、症状があれば手術を受けた方がいいと思います。

次に、機能的にはやらなくてもいいけど、希望があればやってもいいかなという方は、術前の状態というよりも、ご本人の希望として

①性交渉の感度を上げたい

②臭いが気になる

③見た目が気になる

場合です。今回ご紹介する症例も、そんなケースです。

術前

術後1ヶ月

もちろん手術なので、多少の見た目の変化はありますが、ものすごく丸見えにするまではしないようにしています。なぜなら、包皮を切られすぎて、歩いていても何をしていても痛い、と言う合併症のご相談を何人も受けたことがあるからです。

たまに、かなり露出した状態まで切除されても全然平気、と言う方もいらっしゃいますが、これはやってみないとわからないですし、切ってしまったものを元に戻すことはできません。

私は、自分で責任を取れない手術はしたくないので、この程度のデザインにすることが多いです。

ただ、この位でも、①②③は改善されるので、 受けた方には喜んでいただけます(^^)

 

さて、正解がわからないのをいいことに、クリニックさんによっては、手術料金を吊り上げるために、誰にでも陰核包茎を強く勧めるところもあります。

デリケートなお悩みにつけ込んだ、良くないことだと思いますので、クリトリス包皮を勧められたら、一旦身構えてください。そして、本当に自分に必要なのか、自分はその部分の変化を希望しているのかを冷静に考えて決めた方がいいと思います。

以上、参考にしていただけたら嬉しいです。

記事一覧に戻る

診療日一覧

当院は完全予約制となっております。カレンダーに診療の記載のある日にご予約をお願いいたします。