Dr.福澤 見菜子公式インスタグラム クリニック公式インスタグラム
  • HOME
  • コラム
  • スレッドリフトの施術を受けるリスクや注意点を医師が解説!

スレッドリフトの施術を受けるリスクや注意点を医師が解説!

2022.09.26コラム

「スレッドリフトの施術を受けるリスクってあるのかな?」と不安を抱いていませんか?

確かに、改善治療をするのであれば施術する際のリスクも知っておきたいですよね。

この記事では、スレッドリフトの施術を受けるリスクや注意点を医師がご紹介していきます。

記事後半には、スレッドリフトの症例数が2,000件以上もの実績があるスワンクリニック銀座についてもお話しするので、どんなスレッドリフトの施術を受けることができるのかチェックしてみてくださいね。

スワンクリニック銀座では、福澤院長をはじめ、スタッフの全員が治療経験者なので、患者様の立場になりながら満足できるような治療を提供できるよう、少しでも不安な方は気軽にご来院ください。

スレッドリフトとは?


顔周りのたるみをリフトアップしつつ引き締めてくれるのが、スレッドリフトという治療です。

糸をこめかみ付近から挿入し、糸の作用でたるんでいる箇所を引き上げます。

しかし、医師の技量によっては効果を実感できないケースもあるため、切らずにリフトアップしたいとしても施術する医師やクリニックははしっかりと厳選して選ぶようにしましょう。

スレッドリフトで生じるリスク・デメリット

切開手術よりも少ないダウンタイムでリフトアップできるスレッドリフトにも、施術後に生じてしまうリスクやデメリットがいくつかあります。

ここからは、スレッドリフトの施術後にどんなリスクが起こってしまうのかをお話しします。

切るリフトアップほどではありませんが、赤みや腫れなどの症状だけでなく、顔がひきつってしまうケースもあるので注意が必要です。

スレッドリフトの施術前に知っておくことで医師に相談し、対策できるケースもあるのでぜひチェックしてください。

スレッドリフトの施術後に顔のひきつれや違和感を感じる

スレッドリフトの施術を受けた当日から約3日間は、顔のひきつれや違和感を感じてしまうこともしばしばあります。
そのため、施術をする前に医師から「治療が終わったら顔がひきつってしまったり、違和感を感じたりする場合があります。」と伝えられる方も多いでしょう。

上記のような症状は糸を挿入して間もないため、時間の経過と共に改善される症状なので安心してください。

スレッドリフトを挿入した箇所が感染症になってしまうリスクがある

稀に起こるリスクとして知られているのが、スレッドリフトを挿入した箇所が感染症になってしまうことです。

糸を挿入した箇所(こめかみ付近)が赤くなってしまったり、ポツポツができてしまったりしたら感染症を疑うようにしましょう。

糸が入っている部分の皮膚が赤くなって熱感や痛みがあるようであれば、感染症の可能性が高い傾向があります。

術後には感染症予防として薬を処方するクリニックもあるので、ぜひ医師に相談してみてください。

リフトアップ効果を実感できない可能性がある

施術を受けるリスクのひとつとして、リフトアップ効果を実感できない可能性があるため注意が必要です。

このようなケースの場合、医師の施術経験や知識が浅い傾向があるので、慎重にクリニックを選ばなければいけません。

スレッドリフトの症例実績や症例写真だけでなく、施術後のアフターケアとして薬を処方するのかを丁寧に記載しているクリニックで施術を受けるのがおすすめです。

スレッドリフトで確実に効果を実感するためにも、施術クリニックは入念に調べるようにしましょう。

スレッドリフトによる副作用

ここからは、スレッドリフトの施術を受けたことによって生じてしまう副作用を中心にお話ししていきます。

肌がデコボコしてしまう可能性がある

スレッドリフトの施術を行った後に、頬周辺がデコボコとした状態になってしまうケースがあります。

これは、こめかみから挿入された糸が突起してしまうことが原因です。

特に、太い糸を挿入するとなりやすい傾向にあります。

ただし、スレッドリフトがまだ馴染んでないだけのケースがほとんどなので、時間の経過と共によくなる場合が多いので安心してください。

患者様のデコボコ具合によって変わりますが、スレッドリフトを追加で挿入しなければいけないケースもあるので、医師と相談しながら施術を進めるようにしましょう。
1週間経過して、あまりに気になるようであれば、治療を受けたクリニックを受診するのがおすすめです。

万が一、肌に熱感や痛みを感じたら施術したクリニックに相談し、感染症にかかっていないかを診察してもらうのもおすすめです。

腫れや内出血が起きてしまうリスクがある

施術した影響で皮下組織が慣れておらず、腫れや内出血などの症状が起きる可能性があります。

しかし、時間の経過と共に症状が改善されていく傾向が多いので、安心してください。

ただし、施術後の腫れや内出血などの症状が引かない状態で、肌の内部からの熱を感じたら感染症になってしまっている可能性もあります。

単なる術後の反応と感染症との違いは、術後の自然な反応の場合は、経過とともに熱感が警戒していきますが、感染の場合は、徐々に熱感が増し、痛みが強くなっていきます。

ただし、これを一般の方が判断するのは難しいこともあります。

そのため、少しでも違和感を感じたら、施術を受けたクリニックで術後の経過をみてもらうようにしましょう。

合併症になってしまう可能性がある

スレッドリフトの施術を行うことで、血腫や感染症などの合併症にかかってしまう恐れがあるため、術後に経過観察する際は注意しなければいけません。

特に血腫の場合、皮下出血が原因で血液が貯まってしまうとされているので、治療が必要になってしまうケースがあります。

このような場合、リフトアップ効果を実感できても治療が必要になってしまうので、医師と相談しながら施術を行わなければいけません。

合併症を起こさなようにするためにも、症例実績が豊富なクリニックやスレッドリフトに精通している医師が在籍しているクリニックに相談するようにしましょう。

そうすることで、合併症になるリスクを減らすことができるのでおすすめです。

合併症などの症状を引き起こさないようにするためにも、施術を検討している方は参考にしてください。

スレッドリフトの効果持続期間

挿入する糸の種類や施術方法によって異なりますが、スレッドリフトの持続期間は大体1年ほどとされています。

最低で1年ほどなので、すっきりとしたフェイスラインをできるだけ長い期間保ちたい方におすすめです。

ここからは、なぜ糸の種類や施術方法によって、スレッドリフトの持続期間が異なるのかを詳しくお話ししていきます。

綺麗なフェイスラインを長持ちさせたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

糸の種類で持続期間が異なる

近年では、溶ける糸と溶けない糸を含めて約6種類以上もあります。

糸の名前 挿入後に得られる効果
シルエットリフト シルエットリフトは、新しい技術を採用したリフト糸を用いて、皮膚を切除することなくたるみを取り除くリフトアップ施術で、強力な牽引力が魅力です。シルエットリフトの特徴は、円錐状の「コーン」が取りつけられた糸です。このリフト糸がしっかりと皮下組織を持ち上げて、法令線やフェイスラインのたるみ、首のたるみを引き上げます。進化した「3Dリフト」ではさらに適応範囲が広がり、より立体的なリフトアップができるようになりました。
引用:https://secure.yurakucho.co.jp/liftup/silhouette.html
メッシュリフト メッシュリフト(REEBORN)は、先の部分にメッシュが付いた糸でたるみを引き上げるリフトアップです。頬のたるみや法令線を、皮膚を切除することなく治療できるのが特徴です。特殊な構造の糸が組織をしっかりと引き上げ、美しいVラインを維持します。キュッと引き締まった小顔にもおすすめです。
引用:https://secure.yurakucho.co.jp/liftup/silhouette.html
ミントリフト ミントリフトは、羽を付けたような特殊な構造の糸を皮下に埋め込んでたるみを引き上げます。皮膚を切開する必要がなく、腫れの少ない施術です。ミントリフトは、髪の生え際から極細の針を使って挿入するので、傷跡はほとんど目立ちません。糸は2年ほどで吸収されます。使用する本数は、両頬で4~8本、額やこめかみで4~6本程度が目安です。
引用:https://secure.yurakucho.co.jp/liftup/silhouette.html
うるおいUPコラーゲンリフト うるおいUPコラーゲンリフトは、たるみ治療・肌の潤いアップ、ハリつやの回復におすすめのエイジングケアです。極細の針で、PLA製の分解吸収される細い糸を皮下に挿入します。即効で引き締めが感じられるだけでなく、糸が真皮層を刺激してコラーゲンの生成を促進し、糸が吸収されるまで長期間にわたり作用が持続します。
引用:https://secure.yurakucho.co.jp/liftup/silhouette.html
ショッピングスレッドリフト 韓国式美容針(ナチュラルVラインリフト)は、特殊な針で極細の糸を皮膚に挿入して、頬のたるみや法令線・小ジワを治療する施術です。メスを使わない簡単な施術でキュッと引き締まった若々しいフェイスラインがよみがえります。糸はPDO(ポリジオキサノン)という吸収糸で、吸収されるまで約8ヶ月の長期間にわたりコラーゲン産生を促します。たるみ・小ジワの解消とともに、肌のハリ回復を促します。リードファインリフト、ウルトラVリフトも同系の施術です。
引用:https://secure.yurakucho.co.jp/liftup/silhouette.html
テスリフト テスリフトとはトゲのついた糸の周りを網目状の3Dメッシュで覆った特殊な糸を使う次世代の糸リフトです。この特殊な糸を使い、皮膚を切除することなくたるみを解消させるリフトアップ治療です。テスリフトを挿入すると、組織が網目状の3Dメッシュにしっかりと絡み一体化するので、従来の糸よりもリフトアップ効果の持続性・たるみ予防効果の持続性が格段に高くなります。
引用:https://www.s-b-c.net/agingcare/ope/threadlift/tess/

糸の材質によっては、2年から3年ほど効果が持続する糸もあるため、施術を受けたいと思っているクリニックが、どんな種類の糸を導入しているのかチェックしてみると良いでしょう。

また、患者様の希望に沿った治療をできるように医師も考えますが、診察時にたるみ具合などを確認して糸の種類が変わるケースもあります。

「なぜこのスレッドリフトが自分に効果的なのか?」をしっかりと医師の説明を聞き、納得してから施術を受けるようにしましょう。

患者様によっては、スレッドリフトの施術を受けても効果を実感できなかったケースもあるので注意してください。

スレッドリフトを検討中の方は2,000件以上もの症例数があるスワンクリニック銀座がおすすめ


「スレッドリフトの施術を受けようと思ってるんだけど、どこのクリニックに相談すればいいかわからない…。」と悩んでいる方は、2,000件以上もの症例数を誇るスワンクリニック銀座に相談するのがおすすめです。

銀座駅から徒歩2分でアクセスできるので、交通の便も良く、全国から患者さんが来院するクリニックです。ぜひチェックしてください。

スワンクリニック銀座独自の施術法で綺麗なフェイスラインになれる

スワンクリニック銀座のスレッドリフトが多くの患者様に選ばれる強みは、「スワン式スレッドリフト」という独自の技法で患者様のお顔に対してアプローチできるからです。

最大の特徴は解剖学的に適切な位置に、適切な処置を施術を行うことです。

患者様のお顔に余計なダメージを与えない施術方法なので、痛みが少なく、術後の腫れも抑えることができます。

糸リフトで多くの方が悩まれるのが、効果・ダウンタイム・持続期間・コストのバランスです。

一般的には持続効果が長い糸ほど、ダウンタイム・術後の腫れ・違和感・コストが上がっていく傾向にあります。

しかし、持続効果の長い糸を沢山入れれば入れるほど、全員が満足していただけるわけではありません。

患者様の状態によって糸の種類や挿入する本数が違いますので、この過程は非常に重要です。

当院では、このデザインが秀逸と、お客様から評判をいただいています。

スワンクリニック銀座でスレッドリフトを受けた患者様口コミデータを紹介

では、実際にスワンクリニック銀座でスレッドリフトの施術を受けた方の口コミデータをご紹介します。

スレッドリフトの施術後に気になるのが、内出血や腫れなどのダウンタイムですが、当院で調べたデータによると「腫れは3.07日」・「内出血は平均1.175日」でした。

当院でスレッドリフトの施術を受けた8割以上の方は、内出血を起こしません。

ただし、体質的な問題で内出血が生じてしまった患者様の場合、大体1週間ほどで徐々になくなるというデータがわかりました。

当院では他にも「スレッドリフトを受けるなら、スワンクリニック銀座でもう一度施術を受けたいか」というデータを調査したところ、97%の方が「また施術を受けたい!」とご回答してくださいました。

腫れや痛みなどの症状を少なく、安心してスレッドリフトの治療を任せられるクリニックをお探しの方は、お気軽に当院へお問合せください。

記事監修医師プロフィール

スワンクリニック銀座院長/日本形成外科学会専門医・医学博士

福澤 見菜子

経歴
2006年慶應義塾大学医学部卒業
2008年東京大学医学部付属病院 形成外科美容外科 入局
2012年大塚美容形成外科 千葉院院長 就任
2017年湘南美容クリニック 松戸院院長 就任
2019年湘南美容クリニック 赤坂見附院院長 就任
2020年医学博士取得
資格
日本美容外科学会(JSAPS、JSAS) 正会員
日本形成外科学会専門医 / 医学博士
埼玉医科大学総合医療センター形成外科・美容外科 ⾮常勤講師