公式インスタグラム
  • HOME
  • ブログ
  • 小陰唇縮小術後の血腫ってこんな感じ

小陰唇縮小術後の血腫ってこんな感じ

2021.07.21ブログ

スワンクリニック銀座 院長 福澤 見菜子

こんにちは!

毎日暑いですね(^^;

私は夏が好きですが、ここまで暑いとさすがに体にこたえます。

皆様もどうかご自愛ください。

さて、今日は小陰唇縮小後の血腫についてです。

幸い、今まで私が手術した4000件以上のお客様で、術後血腫で経過観察にいらした方はゼロ!です(>▽<)

ただ、他の先生が執刀した症例の診察や治療は数多く経験しています。

血流豊富な部位ですので、比較的頻度は高いのかなぁと思います。

ここで、実際の血腫のお写真

ぱんぱんですよね。。

術後は、多少の出血や腫れは必ずあるので、どの程度だったらやばいか、ご不安になることもあるかと思いますが、実際に処置が必要な血腫はこんな感じ、「明らかにヤバイ!」となります。

こちらはアメリカの口コミサイトに掲載されているお写真です。

通常こういったトラブルというのは片側のみの方が多いですが、この方は両側です。緊満していて、今にもはち切れて血液が噴出しそうですよね。こうなったら早めにクリニックに来院して、止血処置を受けた方が良いと思います。またほとんどの場合、処置を要する血腫の場合は、かなり痛みを伴います。

ところで、小陰唇の血腫というのは、生じるとしばらくは大変ですが、最終的には結構きれいになることが多いです(^^)

ただ、余りに出血して貧血になって1週間程度入院を要したお話などもありますので、やはり適切な処置は必要かと思います。

ぜひ参考にして下さい。