Dr.福澤 見菜子公式インスタグラム クリニック公式インスタグラム
  • HOME
  • コラム
  • 医療ハイフはいつ受ければ良い?注意点やダウンタイムについて医師が解説

医療ハイフはいつ受ければ良い?注意点やダウンタイムについて医師が解説

2022.05.11コラム

ハイフはどの年代にオススメなの?

質問者
先生、最近ハイフについて調べているのですが、実際どのくらいの年代になってから施術を受ければ良いのでしょうか?
ドクター
ハイフは予防としてもオススメな施術で、20代から施術するのもオススメですよ。
質問者
そうなんですね。でも、年代によって施術回数が異なりますよね?
ドクター
そうですね。基本的に20代なら1年に1回・30代なら1年に2回・40代なら1年に3回という頻度で施術を受けるのがオススメです。
質問者
年代によって施術頻度がかなり変わりますね。
ドクター
やはり、加齢と共にお顔のお肉がたるんでくるので、年を重ねると同時に回数も多く必要になってきます。
質問者
わかりました。自分の年齢だけでなく、これからのたるみなどに備えて予防やケアという意味でもハイフを検討しようと思います。

糸リフト後でもハイフは受けられる?

質問者
前から気になっていたのですが、糸リフトの施術を受けた後でもハイフを受けることは可能なのでしょうか?
ドクター
糸リフトの施術後でもハイフを受けられますよ。ただし、糸の種類やハイフマシンによって得られる効果が変動してしまう特徴があります。
質問者
なぜですか?
ドクター
糸リフト施術時に入れた糸が、ハイフの熱で溶けて変形してしまう可能性があるからなんです。その為、照射するハイフの温度や糸の種類によってリフトアップ効果が得られなくなってしまうこともあるんです。
質問者
では、糸リフトの施術をしたクリニックでハイフ治療をお願いするのが良さそうですね。
ドクター
そうですね。糸リフト後のメンテナンスとしても診察してくれるのでオススメです。
質問者
わかりました。ありがとうございます。

肌荒れしていてもハイフは受けられる?

質問者
アトピー肌や肌荒れの状態がひどい方は、ハイフを受けることができないのでしょうか?
ドクター
ハイフは基本的に肌の内部へアプローチさせる治療法なので、肌表面自体への負担が少ない特徴があります。しかし、ハイフで肌の状態が悪化しないか医師がチェックしてから治療を進める必要があります。
質問者
そうなんですね。実際、ハイフを受けたら悪化するかもしれないと判断した場合は、どのような流れになるのでしょうか?
ドクター
ハイフ治療まで長引いてしまいますが、まずは肌の状態を少しでも良くするためにアトピーやニキビなどの肌トラブル解消に専念します。改善してから、実際にハイフの施術を行ってたるみを改善させていきます。
質問者
アトピーだけでなく、ニキビの赤みや炎症などが落ち着いたらハイフを受けるんですね。わかりました。

エステハイフのショット数概要に多いのはなぜ?

質問者
先生、そういえば美容サロンのSNSで4,000ショット〜23,000ショットもハイフで受けられるといった広告を見たことがあるのですが、ショット数が多い方が効果はあるのでしょうか?
ドクター
確かに、エステハイフでショット数を多くできますと宣伝しているお店も多くありますよね。実際、ハイフで得られる効果としてはエステよりクリニックの方が高いです。
質問者
そうなんですか?でも、なぜエステではハイフの効果を得にくいのでしょうか?
ドクター
エステハイフで扱っているマシンは医療行為として認められていないマシンであるため、照射出力が弱く、効果を実感しにくい特徴があります。その為、どれだけ多く照射しても照射温度が低いので効果を実感できないんです。
質問者
では、ショット数で選ぶのではなく医療行為として認められているマシンを扱うことのできるクリニックで施術を受けるのがベストですね。ちなみに、先生のクリニックではどれくらいのショット数で効果を実感できるのでしょうか?
ドクター
当院では、250〜400ショットでハイフの効果を実感することができますよ。
質問者
わかりました。ありがとうございます。

多店舗チェーンクリニックとスワンクリニックのハイフ治療の違い

質問者
ちなみに、多店舗チェーンクリニックでもハイフは受けられると思うのですが、スワンクリニックでハイフを受ける違いについてお聞きしたいです。
ドクター
当院では、チェーンクリニックとは違って、どんな患者さまにも同じマニュアルであてなければいけないということがないので、むしろ安全で患者様のお顔の状態に合わせた施術を提供することができます。
質問者
ということは、チェーンクリニックにはマニュアルがあるということでしょうか?
ドクター
そうなんです。どんな患者様に対しても均一な処置をしなければいけないので、例えば頬がコケている方でも頬にハイフを当ててしまいかねない等の可能性もあります。
質問者
頬のコケが気になる方は、ハイフの施術を受けることで余計悪化してしまうんですね。
ドクター
そうです。一方、当院では頬コケなどのお悩みをカウンセリング時に把握し、患者様に適した施術を行うことができるので、チェーンクリニックでは得られないハイフの効果を実感することができます。
質問者
そうなんですね。でも、ハイフの当て方などは看護師さんはわからないですよね?
ドクター
患者様に適した施術を提供できるよう、院内で情報を共有しているので安心していただけたらと思います。また、当院では切開フェイスリフトの手術などもやっているので、看護師もSMAS(ハイフの焦点となる、たるみの主原因の組織)の実物やどの程度の深さに分布しているのかを見ています。実はこれは、医師でも見たことがない人が多いんですよ。
質問者
わかりました。ありがとうございます。

ハイフは目の下やほうれい線に効果がある?

質問者
先生、ハイフって目の下やほうれい線にも効果があるのでしょうか?
ドクター
結論、目の下やほうれい線への効果は実感しにくい傾向があります。
質問者
なぜ効果を実感しにくいのか教えていただけますか?
ドクター
目の下とほうれい線で異なるので、ふたつに分けてお話ししますね。
質問者
よろしくお願いします。

目の下のたるみにハイフは効果がある?

ドクター
まずは目の下のハイフなのですが、現状の状態を維持したい方にハイフはオススメです。ただし、たるみなどを改善することはできません。
質問者
どうして目の下のたるみに効果がないのでしょうか?
ドクター
多少は引き締めることができますが、内部の脂肪がたるんでせり出してきていることが多いので、クマ取り治療を行った方が目の下のたるみを解消することができます。
質問者
そうなんですね。では、ハイフではなく他の術式で施術する流れになるんですね。
ドクター
そうですね。目の下のたるみを予防したい方は、予防としてハイフを受けるのがオススメですし、現在目の下のたるみに悩む方は手術がオススメですね。
質問者
わかりました。

ほうれい線にハイフは効果がある?

質問者
ほうれい線へハイフをアプローチすることについてはどうでしょうか?
ドクター
ほうれい線も目の下のたるみと同じで、目立ってしまった状態になってからハイフを照射しても効果を実感しにくい特徴があります。なので、ほうれい線ができないように予防として施術をすると効果的ですね。
質問者
実際、ほうれい線が深くなってしまっている方の場合、どのような治療法で改善していくのでしょうか?
ドクター
ほうれい線は、ヒアルロン酸を注入することで肌の凹凸を解消することができるので、当院ではヒアルロン酸をご提案させていただいています。
質問者
そうだったんですね。では、どこまで改善させたいかなど、患者さんの状態によって変わるんですね。
ドクター
そうですね。まずはカウンセリング時にお顔の状態を診察し、その後にどのような治療法が効果的なのかをお話しさせていただきます。
質問者
わかりました。ありがとうございます。

ハイフの持続効果はどれくらい?

質問者
ところで、ハイフの持続効果ってどれくらいなのでしょうか?
ドクター
施術時に使用するハイフマシンにもよりますが、3カ月~半年程度が目安とされています。ちなみに、当院で導入している「ウルトラセルQ+」は、3ヶ月〜半年ほどです。
質問者
3ヶ月〜半年ほど効果が持続するのであれば、次はいつハイフを受けたら良いのでしょうか?
ドクター
年齢によってハイフを受ける頻度が変わるので、カウンセリング時に通う頻度をお伝えさせていただきます。
質問者
わかりました。ありがとうございます。

ハイフ後のダウンタイムについて

質問者
ハイフを施術した後のダウンタイムについてはどうでしょうか?
ドクター
ハイフのダウンタイムとしては、肌に赤みが生じることがある程度です。しかし、お化粧で隠せる程度の赤みなのですぐに私生活に戻れますよ。
質問者
ダウンタイムが少ないのは嬉しいですね。実際、赤みはどれくらいで引いていくのでしょうか?
ドクター
長くかかっても1週間もあれば元の状態に戻るので、安心していただけたらと思います。
質問者
わかりました。赤み以外にダウンタイムはあるのでしょうか?
ドクター
赤み以外としては、むくみが生じる可能性があることですね。むくみの度合いとしては、お酒を飲んだ翌日のお顔の状態に近いです。
質問者
では、翌日にはよくなっている感じですね。ダウンタイムが少なくて嬉しいです。
ドクター
ありがとうございます。少しでもダウンタイムについて気になることがあれば、気軽にご相談していただけたらと思います。

健康被害・神経障害について

質問者
ハイフを受けた後の健康障害や神経障害についてはどうでしょうか?
ドクター
ごく稀に聞きますが、時間の経過と医師の診察などで必ず治すことができるので安心してください。
質問者
他に健康被害などで聞くことはありますか?
ドクター
他には口の中に口内炎ができた感じがすると患者様が来院した際に、ハイフの火傷での影響だったという話を聞くこともありますね。ハイフによる火傷の影響で水膨れになってしまう方も聞きます。
質問者
そうなんですね。でも、どちらも時間の経過と共によくなっていきそうですね。
ドクター
はい。症状が改善されるまでに時間はかかりますが、必ず治る症状なので安心してくださいね。
質問者
わかりました。ありがとうございます。

スワンクリニックで導入しているハイフマシンや痛みについて

質問者
先生のクリニックでは「ウルトラセルQ+」というハイフマシンを導入しているとお聞きしましたが、どんな特徴があるのでしょうか?
ドクター
「ウルトラセルQ+」は日本で1番多いハイフマシンともされており、麻酔などを使用せずに施術を受けることができます。
質問者
麻酔なしですか?でも、施術後の赤みなどを考えたら麻酔があった方が良いと思うのですが…。
ドクター
そう思いますよね。でも「ウルトラセルQ+」は麻酔なしでも受けられるハイフで、先程お話ししたようにダウンタイムが少ないのがメリットです。
質問者
施術前に「ウルトラセルQ+」について知っておかなければいけないことはありますか?
ドクター
麻酔なしで施術することはできますが、皮膚が薄くて骨が近い箇所に照射すると響いている感じがします。だからと言って「麻酔を追加して欲しい」と希望される方はいないので、安心して施術を受けていただけたらと思います。
質問者
わかりました。でも、なぜスワンクリニックでは「ウルトラセルQ+」のハイフを導入したのですか?他にもハイフマシンが多くあると思うのですが…。
ドクター
強力なマシンとして有名な「ウルセラ」など様々ありますが、施術時の痛みがとても強い特徴があります。その為、患者様への負担を抑えようと考えて「ウルトラセルQ+」のハイフを導入しました。また、当院は糸リフトをお受けになる患者さまがとても多いので、糸リフトのメンテナンスとしてハイフをやる際には、あまりに温度が高くなりすぎると糸が変形してむしろ逆効果のこともあります。糸リフトとの施術同士の相性が良いので、ウルトラセルQ+を選びました。
質問者
その「ウルセラ」というハイフマシンは、実際に効果があるのでしょうか?
ドクター
ウルセラの効果はすぐに実感することができます。全体的に顔が小さくなることから、韓国で人気となったハイフなんですよ。ただし、価格相場が大体300,000円ほどかかってしまうのと、痛みが強いので、継続的に通える方は少ない印象です。
質問者
確かに「ウルセラ」と「ウルトラセルQ+」のハイフを比較すると、痛みが少なく継続的に通うことができる「ウルトラセルQ+」の方が嬉しいですね。
ドクター
日本で最も多いハイフマシンなので、ぜひ試して効果を実感していただけたらと思います。
質問者
わかりました。ありがとうございます!

スワンクリニックでハイフを受けるメリットについて

質問者
ところで、先生のクリニックでハイフを受けるとどんなメリットがあるのでしょうか?
ドクター
当院では、患者様に適した施術を行うだけでなく、ベクトラを使用してお顔の状態を見えるようにします。
質問者
ベクトラってなんですか?
ドクター
患者様のお顔を3D画像化させて、ハイフ前の画像とハイフ後の画像で変化を知ることができます。立体的画像を用い、正確な変化を数値化して比較ができるので、オススメですよ。
質問者
ハイフだけでなくベクトラで変化を知れるのは嬉しいです!
ドクター
ありがとうございます。また、当院はスレッドリフトとハイフを使用しているので相性が良い特徴もあります。
質問者
そうなんですね。同じ先生に糸リフトとハイフをお願いできるのであれば、糸が溶けてしまうなどの心配をしなくても良いので安心です。
ドクター
ありがとうございます。もちろん糸リフト後も医師及びスタッフが責任持ってハイフ治療をサポートするので、安心して治療に専念していただけたらと思います。
質問者
わかりました。ありがとうございます!

スワンクリニックで施術予約する方法

質問者
スワンクリニックでハイフを受けるにはどのように予約すれば良いでしょうか?
ドクター
当院ではWEBサイトからの予約と電話予約をすることができます。ただし、電話予約は10時〜18時までなので注意してくださいね。
質問者
他に注意すべきことはありますか?
ドクター
糸リフトを他のクリニックで施術された方は事前に糸の種類などを教えていただいた方が、より的確な照射計画を立てることができるので、カウンセリング時に教えてくださいね。
質問者
ハイフの施術で糸が溶けてしまう可能性があるからですよね?
ドクター
そうですね。糸の種類や挿入部位を医師が知ることで、スムーズにハイフの施術を進めることができます。
質問者
わかりました。ありがとうございます!

まとめ

この記事では、ハイフを受ける際の注意事項やエステ・チェーンクリニックとの違いなどをご紹介しました。本記事の内容をまとめると、以下の通りです。

・ハイフを受けるのは予防やケアという意味でも20代からがオススメ。
・糸リフト後でもハイフは受けられるが、糸の種類によってはハイフの温度で変形してしまうので、注意が必要。
・肌荒れしていても基本的に受けられるが、医師の診断が必要。
・エステのマシンはショット数が多くても、クリニックのハイフほどの効果は得られない。
・目の下やほうれい線へハイフでアプローチするなら、予防として受けるのがオススメ。
・ハイフマシンの持続期間は、マシンや人によって異なるが、3ヶ月〜半年ほど効果が持続するのが一般的。
・ダウンタイムはほとんどなく、まれに赤みが出る場合もあるが、1週間以内に完治する。
・健康障害や神経障害はごく稀にあるが、完治する。
・スワンクリニックでは「ウルトラセルQ+」を導入しており、麻酔を使わずに施術を受けることができる。
・スワンクリニックではベクトラを使用して患者様のお顔を3Dスキャンし、可視化させることができる。
・施術の予約は「WEBサイト」や「電話(10時〜18時)」でできます。

施術詳細はこちら

記事監修医師プロフィール

スワンクリニック銀座院長/日本形成外科学会専門医・医学博士

福澤 見菜子

経歴
2006年慶應義塾大学医学部卒業
2008年東京大学医学部付属病院 形成外科美容外科 入局
2012年大塚美容形成外科 千葉院院長 就任
2017年湘南美容クリニック 松戸院院長 就任
2019年湘南美容クリニック 赤坂見附院院長 就任
2020年医学博士取得
資格
日本美容外科学会(JSAPS、JSAS) 正会員
日本形成外科学会専門医 / 医学博士
埼玉医科大学総合医療センター形成外科・美容外科 ⾮常勤講師