肛門周囲余剰皮膚切除術treatment

原因と症状

肛門の皮膚のたるみは、多くは大きな血栓性外痔核などが出来て、一時的に肛門部が腫れ、治癒した後にしわとなって残ったものです。
なかでも肛門の前方に出来る場合は女性に特有で、出産後や裂肛が長い期間にわたり存在した時に生じます。
必ずしも手術する必要はありませんが、 皮垂があるために排便後、肛門をきれいにする事が難しく何度も拭いて、痛みやかゆみが出てしまうケースもあります。また、一度できてしまった皮垂は切除しなければ、消失することはありません。

肛門周囲余剰皮膚のお悩み

  • 肛門の皮膚のたるみが気になる
  • 痛み・かゆみがある

治療について

肛門の周囲にできる皮膚のたるみを切除します。皮膚のたるみを切除するとすっきりし、症状が改善して快適に過ごせます。

麻酔方法

治療を受けられる際にあたって心配なのは、手術の痛みだと思います。当院では通常、静脈麻酔下に手術を行いますので、始めから最後までお痛みを感じることなくお受けいただけます。

陰部は血流が豊富な部位ですので1~2週間血がにじむことがありますが、徐々に落ち着きます。
この間はナプキンで患部を保護してください。治療当日はできるだけ安静に過ごしてください。

施術詳細

  • 施術時間
    30~60分ほどで終了します。
  • 麻酔
    眠っていただいている間に手術を行う静脈麻酔が一般的です。(既往歴などにより変更の可能性あり)また、手術後の痛みを抑える麻酔もご用意しています。
  • 痛み
    術後3日~1週間ほどで治まります。
  • 腫れ・傷跡
    傷跡は目立ちません。腫れや赤みは個人差はありますが、1~2週間ほどで治ま ります。
  • 通院ペース
    ワンデー(抜糸なし)の場合はありません。抜糸ありの場合は、抜糸のために10日~14日後1度診察にお越しください。
  • お薬
    内服薬3日分(抗生剤/痛み止め)、塗り薬
  • シャワー・入浴
    シャワーは翌日より可能です。入浴はお体を温めると腫れが長引く場合がありますので、ワンデー(抜糸なし)は2週間、抜糸ありは1ヶ月間は避けてください。
  • 性交渉
    ワンデー(抜糸なし)は2週間、抜糸ありは1ヶ月後から可能です。(仕上がり・痛み・ダウンタイムには個人差があるため、術後の経過によってこの限りでない場合がございます。)
  • 術後
    当日は長時間の歩行は避け、帰宅後安静にお過ごしいただき、必要以上に患部は触らない様にしてください。通常のデスクワークは翌日から可能ですが、痛みを抑えるエクスパレルの併用をお勧めします。

料金表

施術名 抜糸有無 通常価格 モニター価格
肛門周囲余剰
皮膚切除術
抜糸あり ¥200,000 ¥100,000
ワンデー(抜糸なし) ¥400,000 ¥200,000

※価格は全て税抜です。
※モニターは審査がございます。
※募集は予告なく終了する事がございます。

よくあるご質問

  • 入院は必要ですか?
    どの治療も日帰りでお帰り頂けます。
  • 治療後に、生理が来ても大丈夫ですか?
    普段通りで大丈夫です。治療部位を清潔に保って下さい。
  • 仕事はどれくらい休まないといけませんか?
    全身への負担は少ない手術なので、事務仕事や家事程度であれば、翌日から普通に仕事ができます。しかし、2日間程度のお休みがあれば安心です。
    立ち仕事や外回りの方は、2〜3日間のお休みを取って、しっかりと安静にした方がその後の経過が早いでです。
  • 痛みが心配です。
    当院では通常、静脈麻酔下に手術を行いますので、始めから最後までお痛みを感じることなくお受けいただけます。
  • 出産に影響はありますか?
    出産にかかわってくる膣の働きには影響しませんので、出産での影響の心配はありません。