公式インスタグラム
  • HOME
  • コラム
  • 小陰唇縮小術を受けた翌日に出社可能?術後の注意点などを医師が解説!

小陰唇縮小術を受けた翌日に出社可能?術後の注意点などを医師が解説!

2022.05.11コラム

記事監修医師プロフィール

スワンクリニック銀座院長/日本形成外科学会専門医・医学博士

福澤 見菜子

経歴
2006年慶應義塾大学医学部卒業
2008年東京大学医学部付属病院 形成外科美容外科 入局
2012年大塚美容形成外科 千葉院院長 就任
2017年湘南美容クリニック 松戸院院長 就任
2019年湘南美容クリニック 赤坂見附院院長 就任
2020年医学博士取得
資格
日本美容外科学会(JSAPS、JSAS) 正会員
日本形成外科学会専門医 / 医学博士
埼玉医科大学総合医療センター形成外科・美容外科 ⾮常勤講師

小陰唇縮小術を受けた次の日は出社可能?

質問者
先生、小陰唇縮小術を受けた次の日に会社へ出社することはできますか?
ドクター
当院の患者様のほとんどが、翌日も出勤したり日常生活を送ったりなど、日程調整をすることなく過ごされている方が多い印象です。ですが、術後の過ごし方としてはあまり体を動かさないデスクワークをお仕事とされている方や、痛みを感じた際に痛み止めを飲める環境が好ましいですね。
質問者
そうなんですね。では、小陰唇縮小術を受けた後の体への負担が少ないんですね。
ドクター
そうなのですが、患者様によっては体質などの関係で痛みを感じやすかったり弱い痛み止めしか飲めなかったりするので、当院では1〜3日程度安静に過ごすようにお伝えするようにしています。
質問者
わかりました。先生の意見を参考にし、担当医と相談しながら安静に過ごせるようにしたいと思います。

小陰唇縮小術を受けた後の注意点を3つに分けて解説!

質問者
他に小陰唇縮小術を受けた後に注意すべきことはありますか?
ドクター
注意すべきこととしては執刀医の選び方や普段の生活を見直してみることや、採用している麻酔や痛み止めのチェックです。わかりやすく3つに分けてご紹介させていただきますね。
質問者
はい、よろしくお願いします。

①担当する執刀医の症例数を確認しよう

ドクター
1つ目に注意すべきことは、手術を担当する執刀医の症例数を確認することです。小陰唇縮小術の仕上がりや術後の状態は医師の技量で左右されるので、最低でも1,000件以上小陰唇縮小術を施術した実績のある医師にお願いするといいでしょう。300件以下の医師が担当すると術後の出血や痛みが出てしまう可能性があるので、経験豊富な執刀医を選ぶといいですね。
質問者

確かに症例数が多い医師だと様々なトラブルにも対応できると思うので、件数が多いドクターの方が安心してお願いできますね。

ドクター
そうですよね。あとは大手のチェーンクリニックではなく、形成外科の医師に厳選して調べるといいですね。大手のチェーンクリニックの場合、「キャンペーン価格」と安い金額で施術できると宣伝し、若い医師を育てるために経験の浅い医師が手術してしまう場合もあります。
質問者
若い医師の技術向上として、いろんな方に来店して欲しいからこそ安い値段設定で広告している場合もあるんですね。先生の意見を参考にし、小陰唇縮小術の症例数の多い医師を探したいと思います。

②普段の生活を見直して術後の経過を観察するのがオススメ

質問者
普段の生活を見直すことが注意点とお話ししていましたが、具体的にはどういうことですか?
ドクター
患者さんの中には激しい運動やウォーキングが日課という方もいらっしゃるのですが、術後は安静にするのがオススメです。運動すると血流が良くなって過度な出血に繋がってしまう場合もあるので、ぜひ私生活の見直しをしていただけたらと思います。
質問者
最近ダイエットとしてウォーキングを取り入れていたので、術後は安静に過ごすようにします。逆に、体を動かすような仕事をしている場合は休んだ方がいいですよね?
ドクター
そうですね。ご自身では「体も動かせるし、仕事に行こう!」と思われる方も多いのですが、できれば次の日や連休の日に日程を調整してから施術するのがオススメです。

③採用している麻酔や痛み止めをチェックしよう

質問者
3つ目に注意すべきこととして採用している麻酔や痛み止めの確認とあったのですが、どうして確認するんですか?
ドクター
痛み止めの確認はとても重要です。通常であれば局所麻酔を用いて施術をするのですが、術後30分ほどで効果が切れてしまいます。一方、エクスパレルという注射での痛み止めを使用すると72時間=3日間麻酔が効いた状態になります。その為、当院で調べた結果、従来よりも術後の痛みが平均82%軽減するので痛みを感じにくくなる特徴があります。
質問者
従来の麻酔だと大体30分だけど、エクスパレルを使用することで術後の痛み止めとしての役割も得られるのですね!
ドクター
そうです。だからこそ、当院で小陰唇縮小術を施術された方は痛み止めの服用が少ないです。
質問者
それは患者としても嬉しい情報です!先生の意見を参考に、エクスパレルを用いて施術を行なっている形成外科を探してみます。
ドクター
はい。小陰唇縮小術を受ける際の参考にしていただけたらと思います。

スワンクリニックの小陰唇縮小術の実績は?

質問者
先生のクリニックで小陰唇縮小術を受けている患者さんの数や実績を知りたいです。
ドクター
私自身は、小陰唇縮小術の症例が6,000件以上あり、婦人科形成執刀数日本一の実績があります。その中で、術後の合併症としてもっとも多いとされる血腫事例は一例もありません。
また、小陰唇縮小術で最大の口コミ数のあるサイトを筆頭に、日本で最も評価の高い(口コミ点数の高い)上位3位までのクリニックの婦人科形成部門は全て私が立ち上げ、医師やスタッフへの教育、治療の流れを作ってきました。

そんな経験の集大成が、スワンクリニックです。また、これまでの実績が認められ、おかげさまで当院は学会から依頼され、婦人科形成領域の臨床研究をはじめとする学術活動の実施施設にもなっています。当院では実際の精度だけでなく、ひとりひとりの患者様と向き合うことを大切にしているので、まずはカウンセリング予約をしていただけたらと思います。

質問者
6000件もの症例数だけでなく、日本一の執刀医なんですね!ぜひ先生に手術をお願いしたいです。
ドクター
ありがとうございます。当院では実際の手術の精度だけでなく、ひとりひとりの患者様と向き合うことを大切にしているので、まずはカウンセリング予約をしていただけたらと思います。
質問者
どうすればカウンセリングの予約を取ることができますか?
ドクター
当院では、10時〜19時まで電話受付しているだけでなく、スワンクリニック銀座のホームページからWEB予約することも可能なので、ぜひチェックしてみてくださいね。一生に一度の手術だからこそ、最高の結果を提供できるようにご対応するのでお気軽にご相談ください。

施術詳細はこちら

まとめ

この記事では、小陰唇縮小術を受けた次の日に出社可能であるのかという点や術後の過ごし方や注意点を医師がお話ししました。小陰唇縮小術は担当する医師の症例数だけでなく、麻酔や痛み止めなどでも術後の経過が大きく変わるので、小陰唇縮小術を受ける際はしっかりとリサーチするようにしましょう。

また、当院(スワンクリニック銀座)では小陰唇縮小術の経験や実績が日本一の医師が担当するので、安心してお悩みをご相談していただけたらと思います。