公式インスタグラム
  • HOME
  • コラム
  • 【必見】実家暮らしで小陰唇縮小術を受けたことはバレませんか?

【必見】実家暮らしで小陰唇縮小術を受けたことはバレませんか?

2022.05.13コラム

記事監修医師プロフィール

スワンクリニック銀座院長/日本形成外科学会専門医・医学博士

福澤 見菜子

経歴
2006年慶應義塾大学医学部卒業
2008年東京大学医学部付属病院 形成外科美容外科 入局
2012年大塚美容形成外科 千葉院院長 就任
2017年湘南美容クリニック 松戸院院長 就任
2019年湘南美容クリニック 赤坂見附院院長 就任
2020年医学博士取得
資格
日本美容外科学会(JSAPS、JSAS) 正会員
日本形成外科学会専門医 / 医学博士
埼玉医科大学総合医療センター形成外科・美容外科 ⾮常勤講師

小陰唇縮小術は親にバレることなく受けることができる?

質問者
小陰唇縮小術を受けたいと検討しているのですが、親にバレることなく手術することは可能なんでしょうか?
ドクター
はい。親族にバレることなく施術することは可能ですよ。実際、当院の患者様のほとんどが親族には伝えずに受けていますね。
質問者
親族に伝えることなく受けている方が多いんですね。でも、術後の経過状況によっては、通院していると怪しまれそうじゃないですか?
ドクター
確かに術後の経過について不安に思われるかもしれませんが、生理の時より出血が多いということもないので普段通りに日常生活を送ることができます。
質問者
少し安心しました!逆に怪しまれそうな状況などはありますか?
ドクター
察知される原因としては出血が多すぎてお布団を汚してしまうケースや、痛みが原因で寝込んでしまったり痛みで歩き方が不自然になってしまったりすることがありますね。

身内にバレないように小陰唇縮小術後のリスクを回避する方法を解説!

質問者
出血だけでなく痛みなどで不自然にみられてしまう可能性もあるんですね。何か対処法はありますか?
ドクター
対処法としては、小陰唇縮小術の症例数や実績が豊富な医師を選ぶのが1番安全な策です。出血量に個人差があるとはいえ施術歴の浅い医師が担当してしまうと、多量出血や血腫などの合併症が起こりやすいのが実情ですね。
質問者
やはり小陰唇縮小術の実績や症例数が多い医師を選ぶのが1番良いんですね。でも、術後の痛みで歩き方が変になるのは嫌なのですが、痛みを抑える方法などはないのでしょうか?
ドクター
確かに術後の痛みは気になりますよね。近年では、エクスパレルという強力な痛み止めを採用するクリニックが増えているので、そちらの痛み止めを使用しているのかもお聞きするといいでしょう。
質問者
強力な痛み止めのエクスパレルについて詳しく教えてください。
ドクター
手術前に使用する通常の麻酔だと、術後30分ほどで効果が切れてしまうので痛みを感じやすい特徴があります。一方、エクスパレルを使用すると72時間=3日間麻酔が効いた状態になるので、当院で調べた結果では平均的に痛みの割合が約82%軽減することが実証されました。
質問者
約3日間も麻酔が効いた状態なのであれば、痛みについては少し安心しました。でも、人によっては3〜4日目で痛みを感じる方もいる可能性はないのでしょうか?
ドクター
痛みがひどくなるまで我慢しても、患者さんご自身のお身体に負担がかかってしまう可能性があります。その為、当院では「少し違和感があるかな?」と感じたタイミングで痛み止めを服用することをオススメしています。術後の経過が順調であれば、痛み止めの内服は術後3日程度で必要なくなる方が多いです。
質問者
では、強力な痛み止めと内服薬の痛み止めで解消できるんですね。

スワンクリニックで小陰唇縮小術を受けるメリット

質問者
エクスパレルを採用しているとお聞きしましたが、先生のクリニックについての実績や症例数についてお聞きしてもいいですか?
ドクター
当院の小陰唇縮小術の実績としては約6,000件もの症例数があり、婦人科形成手術の執刀数日本一の実績があります。すべての女性に最高の結果を届けられるよう、小陰唇縮小術の症例数日本一の医師がカウンセリングから施術まで担当させていただきます。
質問者
どのように予約すればいいのでしょうか?
ドクター
ありがとうございます。当院では10時〜19時まで電話受付しているので、気軽にお問い合わせいただけたらと思います。また、スワンクリニック銀座のホームページ内からWEB予約することも可能なので、ぜひお問い合わせください。
質問者
早速スワンクリニック銀座のホームページをチェックしたいと思います。貴重なお話しをしていただき、ありがとうございました。

施術詳細はこちら

まとめ

この記事では、小陰唇縮小術は家族にバレずに受けることが可能であるかについてお話ししました。施術歴の少ないドクターが担当してしまうと、多量出血や血腫などの合併症が起こりやすくなってしまうので、小陰唇縮小術の実績や症例数が多い医師の元で施術を受けるようにしましょう。

また、エクスパレルという痛み止めを使用しているかをチェックしてクリニックを厳選する事もオススメです。ぜひ本記事を参考にしてくださいね。