Dr.福澤 見菜子公式インスタグラム クリニック公式インスタグラム
  • HOME
  • コラム
  • スレッドリフトは何本で効果がでる?最も効果的な本数はある?

スレッドリフトは何本で効果がでる?最も効果的な本数はある?

2022.11.22コラム

切らないリフトアップとして人気のスレッドリフト。

医療用の糸をフェイスラインに沿って皮膚の中へ挿入することで、フェイスラインの引き上げやシワ・たるみの改善ができます。

挿入する糸には複数の種類があり、また挿入する糸の本数も挿入する部位や肌の状態によってさまざまです。

この記事では、スレッドリフトでは何本の糸を挿入するのが効果か、部位ごとの糸の目安は何本か、

スレッドリフトの症例数2,000件以上を誇るスワンクリニックの医師がお答えします。

スレッドリフトとは?仕組みと効果を解説


スレッド(糸)リフトとは、切らないたるみ治療ともいわれています。

皮膚を切開することなく肌を引き上げることができます。

皮膚を切らないので肌への負担をおさえることができ、アンチエイジングや美容目的として男女問わず人気の高い施術です。

スレッドリフトの仕組み

スレッドリフトでは、コグと呼ばれる突起がついた糸を皮膚の中に挿入します。

コグが皮膚の組織に引っかかって糸自体がピンと張ることで、リフトアップをすることができます。

またリフトアップを目指す場所や程度に応じて、挿入する糸の本数を調整したり、引っ張る角度を調整したりする必要があります。

スレッドリフトは何本がおすすめ?

スレッドリフトで挿入する糸にはいくつかの種類があり、理想とする状態によって糸の種類や挿入する本数を調整します。

挿入する糸の本数は、片側で3〜10本(両側あわせて6-20本)が多いです。(もちろん、リフトアップする範囲によりこれより増えることはあります)

1本のみ挿入すると、1本の糸に負担がかかりひきつったような印象になってしまうことがあります。

引き上げる力を分散させて、自然に肌を引き上げるためには複数の糸で引き上げる必要があります。

よくある勘違いとして「自然にしたいから少ない本数がいいなぁ」と考える方がいらっしゃいますが、本数が少なすぎると、逆に不自然な仕上がりになってしまうので注意しましょう。

また、フェイスラインに加えてほうれい線のシワの改善をおこないたい場合は、ほうれい線へのアプローチとなるスレッドリフトの挿入が必要です。

フェイスラインのためのスレッドリフトの本数とは別に、ほうれい線用のスレッドリフト、片側3〜6本の挿入が必要です。

スワンクリニックでは、お客様によるスレッドリフトの本数の指定は基本的におこなっておりません。

リフトアップをさせたい部位ごとに料金設定をしており、その部位に関しては糸の種類の組み合わせや本数に制限はありません。

技術と経験を積んだ医師が、お客様の状態と理想をふまえて最適な施術内容をご提案しています。

スレッドリフトの本数は多いほうが効果的?

スレッドリフトの本数は多ければ良い、というものではありません。

1本の糸では皮膚の引き上げが不自然になってしまうため、複数本の挿入が理想的ですが、多すぎても肌表面から透けて見えてしまったり、不自然な仕上がりになってしまいます。

お客様の肌の状態によって理想の糸の本数や種類、バランスの調整が必要な施術なので、技術力の高い美容クリニックで施術を受けることをおすすめします。

症例数2,000件を誇るスワンクリニックのスレッドリフト

スワンクリニックは、スレッド(糸)リフトの症例数2,000件以上を誇る美容クリニックです。

院長をはじめとしてスタッフ全員がスレッドリフトの経験者であり、経験者ならではの目線でお客様に寄り添うことができます

当院独自でおこなっているお客様アンケートでは、「糸リフトをやるなら、当院院長である福澤医師の施術を希望するか」という問いに対して100%の「YES」という回答をいただいています。

糸の本数は医師が総合的に判断します

スワンクリニックでは、カウンセリングを通してお客様の現在の肌の状態と、理想の状態をしっかりと確認します。

お客様と共通の認識をもつことで理想の仕上がりを目指します。

糸の本数や種類は基本的には、医師が判断してお客様にご提案していきます。

お客様ひとりひとりによって肌の状態が異なるので、一定提示でのご案内が困難であるため完全オーダーメイドの施術計画となっています。

スレッドリフトの持続期間

溶ける糸での施術をおこなった場合、およその効果持続期間は2年間です。

施術直後〜2ヶ月ほどが最もスレッドリフトのリフトアップ効果を感じていただけます。

時間をかけて、糸が徐々に皮膚の中へ吸収されていき、リフトアップの効果も薄れていきます。

しかし糸を入れることによるコラーゲンの増産や、ハリツヤのアップの効果は維持が期待でき、またたるみの進行を遅らせることができます。

スワンクリニックでの施術が向いている方


多数の美容クリニックのなかでスワンクリニックでのスレッドリフトが向いている方を紹介します。

当院は、自信をもって施術を提供できるスタッフの技術、実績が揃っています

自然で綺麗な仕上がりにしたい

スワンクリニックで施術を担当する医師は、全員が形成外科専門医のため、皮膚の構造や役割、解剖学を深く理解し肌への負担が最小になるよう施術をおこなっております

また、ひとりひとりの肌の状態に合わせた施術をおこない仕上がりの満足度、自然なリフトアップが叶うよう日々技術を磨いております。

とくに仕上がりに関しては、以下リンクのお客さまアンケートに反映されていますので是非ご覧ください。

【https://fujinka.jp/】

スレッドリフトをはじめとして女性のお悩みに寄り添い、解決する医療を提供します

スワンクリニックは女性の悩みや理想を叶えるための美容クリニックです。

医療の力でより豊かな人生を送れるよう、お手伝いいたします。

記事監修医師プロフィール

スワンクリニック銀座院長/日本形成外科学会専門医・医学博士

福澤 見菜子

経歴
2006年慶應義塾大学医学部卒業
2008年東京大学医学部付属病院 形成外科美容外科 入局
2012年大塚美容形成外科 千葉院院長 就任
2017年湘南美容クリニック 松戸院院長 就任
2019年湘南美容クリニック 赤坂見附院院長 就任
2020年医学博士取得
資格
日本美容外科学会(JSAPS、JSAS) 正会員
日本形成外科学会専門医 / 医学博士
埼玉医科大学総合医療センター形成外科・美容外科 ⾮常勤講師