大陰唇縮小術treatment

大陰唇とは?

大陰唇は、太ももの付け根と小陰唇の間にある毛の生えている部分のことです。大陰唇は、女性器の内側にある生殖器と尿道口を保護し、衝撃などから性器を守る役割があるため、脂肪が豊かについてふっくらとしています。

大陰唇はナゼ大きくなるの?

大陰唇をふっくらとさせているのは皮下脂肪です。加齢とともに、脂肪が減り、大陰唇にもシワやたるみができることがあります。また、大幅な体重の減少や外傷で腫れた後に皮膚のたるみが大きく残ってしまうことがあります。このような原因から大陰唇が肥大していくと、見た目が悪くなってしまったり、肥大した部分が下着やナプキンなどにこすれて肌荒れをや黒ずみが発生したり、痛みを伴ったりします。また、汚れがたまりやすくなるため、ニオイなども気になることがあります。

大陰唇のお悩み

  • 大陰唇が大きくなり、下着などにこすれて痛い
  • 大陰唇の黒ずみやシワが気になる
  • 大陰唇の圧迫感によりムレてかゆみがある
  • 大陰唇におできができて腫れたり膿んだりを繰り返す
  • 若々しくてきれいな女性器を取り戻したい
  • ニオイが気になる
  • 性行為がしづらい
  • 介護を受ける時のために、見た目を整えたい

治療について

手術前には、大きさや形など、患者様のご希望をしっかりと確認いたします。
大陰唇が肥大した箇所や黒ずみが目立つ箇所を切開して縫合し、女性器の形を整え、形成外科的な縫合法で丁寧に仕上げてゆきます。また大陰唇の膨らみだけでなく、大陰唇と小陰唇の間がシワになっているような場合も切除することでハリ感を出すことが出来ます。

同時施術がおすすめの治療

大陰唇のムレによるかゆみがある方は、お注射で約半年間、 汗およびムレによる臭いを抑える陰部臭改善ボトックス注射の併用がおすすめです。

麻酔方法

治療を受けられる際にあたって心配なのは、手術の痛みだと思います。当院では通常、静脈麻酔下に手術を行いますので、始めから最後までお痛みを感じることなくお受けいただけます。

陰部は血流が豊富な部位ですので1~2週間血がにじむことがありますが、徐々に落ち着きます。
この間はナプキンで患部を保護してください。治療当日はできるだけ安静に過ごしてください。

治療詳細

  • 施術時間
    30~60分ほどで終了します。
  • 麻酔
    眠っていただいている間に手術を行う静脈麻酔が一般的です。(既往歴などにより変更の可能性あり)また、手術後の痛みを抑える麻酔もご用意しています。
  • 痛み
    術後3日~1週間ほどで治まります。
  • 腫れ・傷跡
    傷跡は目立ちません。
    腫れや赤みは個人差はありますが、1~2週間ほどで治まります。
  • 通院ペース
    ワンデー(抜糸なし)の場合はありません。抜糸ありの場合は、抜糸のために10日~14日後1度診察にお越しください。
  • お薬
    内服薬3日分(抗生剤/痛み止め)、塗り薬
  • シャワー・入浴
    シャワーは翌日より可能です。入浴はお体を温めると腫れが長引く場合がありますので、ワンデー(抜糸なし)は2週間、抜糸ありは1ヶ月間は避けてください。
  • 性交渉
    ワンデー(抜糸なし)は2週間、抜糸ありは1ヶ月後から可能です。
    (仕上がり・痛み・ダウンタイムには個人差があるため、術後の経過によってこの限りでない場合がございます。)
  • 術後
    当日は長時間の歩行は避け、帰宅後安静にお過ごしいただき、必要以上に患部は触らない様にしてください。通常のデスクワークは翌日から可能ですが、痛みを抑えるエクスパレルの併用をお勧めします。

料金表

施術名 施術箇所 通常価格 モニター価格
大陰唇縮小術 片側 ¥110,000 ¥55,000
両側 ¥200,000 ¥130,000
ワンデー片側(抜糸なし) ¥220,000 ¥110,000
ワンデー両側(抜糸なし) ¥400,000 ¥250,000
陰部臭改善ボトックス注射 - ¥50,000 -

※価格は全て税抜です。
※モニターは審査がございます。
※募集は予告なく終了する事がございます。

よくあるご質問

  • 大陰唇縮小の治療後、傷跡は残りますか?
    皮膚のしわや毛に隠れてしまい傷跡は目立ちにくくなります。
  • 大陰唇の治療後に、生理が来ても大丈夫ですか?
    普段通りで大丈夫です。治療部位を清潔に保って下さい。大陰唇は非常に血行が良く、化膿することはまずありませんので、ご安心ください。
  • 入院は必要ですか?
    どの治療も日帰りでお帰り頂けます。
  • 仕事はどれくらい休まないといけませんか?
    全身への負担は少ない手術であり、当院ではかなり丁寧に縫合しますので、事務仕事や家事程度であれば、お傷が開いてしまう事はありません。
    しかし大陰唇は術後のお痛みが他部位より強い事が多いため、エクスパレルの併用を強くお勧めします。
    立ち仕事や外回りの方は、2~3日間のお休みを取って、しっかりと安静にした方がその後の経過が早いです。
  • 痛みが心配です。
    当院ではかなり丁寧に縫合しますので、お傷が開いてしまうことはありませんが、大陰唇は術後のお痛みが他部位より強いことが多いため、エクスパレルの併用を強くお勧めします。
  • 出産に影響はありますか?
    出産にかかわってくる膣の働きには影響しませんので、出産での影響の心配はありません。
  • 未成年でも大陰唇縮小手術は受けられますか?
    保護者の方の同意が確認できればお受けいただけます。カウンセリングは保護者の方とご一緒に受けるようにしてください。女性器は第二次性徴とともに変化しますので、16歳以降のお手術が望ましいですが、大陰唇肥大による日常生活の弊害が大きい場合はこの限りではありません。
  • 大陰唇の黒ずみをとることはできますか?
    手術で黒ずみが気になる部分を取り除くことで、改善することが可能です。