Dr.福澤 見菜子公式インスタグラム クリニック公式インスタグラム
  • HOME
  • コラム
  • スレッド(糸)リフトの種類・効果について医師が徹底解説!

スレッド(糸)リフトの種類・効果について医師が徹底解説!

2022.11.22コラム

「スレッド(糸)リフトの種類によって得られる効果は変わるのかな?」と悩んでいませんか?

確かに、糸の種類が変わってしまうことで、自分が得たい効果が得られなかったら施術を受けた意味がないですよね。

この記事では、スレッド(糸)リフトの種類と効果について医師が徹底解説していきます。

スワンクリニック銀座の医師は、スレッド(糸)リフトの症例数が2,000件以上もの実績があります。

患者様に適した治療を行うだけでなく、当院独自の技法についてもお話しするので、少しでも不安がある方は当院へお気軽にご相談ください。

スレッド(糸)リフトとは?


スレッド(糸)リフトとは、顔に専用の糸を挿入することで、リフトアップ効果を実現できる治療法です。

皮下組織にスレッド(糸)リフトのコグ(棘)という部分が引っかかることによって、たるんで落ちてしまった皮膚を引き上げてくれます。

また、糸の種類によっては肌の内部でスレッド(糸)リフトが溶けて、コラーゲンを造成させて肌のハリ・ツヤ感をアップできます。

スレッド(糸)リフト治療と同時に美肌効果を実感したい方におすすめです。

ただし、糸が溶けてしまったら段々と元の状態に戻ってしまう可能性もあります。

スレッド(糸)リフトは主に2種類ある

スレッド(糸)リフトには主に「溶けるタイプの糸」と「溶けないタイプの糸」の2種類があります。

事前にどちらのタイプで施術を行うのかを決めることで、スムーズに施術時に用いる糸の種類を決めることができるのでおすすめです。

どちらもメリットとデメリットがあるので、施術を受ける際はどちらにするのか慎重に選ばなければいけません。

ここからは、両方のスレッド(糸)リフトの特徴についてご紹介するので、施術を受ける際にどちらが良いのかを選ぶ参考にしてください。

体内で吸収されるタイプのスレッド(糸)リフトの特徴

体内でスレッド(糸)リフトが吸収されてしまう「溶けるタイプの糸」は、施術から1ヶ月〜2ヶ月ほどでコラーゲンを増生させる特徴があります。

そのため、リフトアップ効果を実感しつつ美肌効果を実感することができるのでおすすめです。

ただし、「溶けるタイプの糸」の種類によっては持続期間が半年〜1年ほどのタイプもあるため、段々と施術前の状態に戻ってしまうデメリットがあるので注意しなければいけません。

継続的にスレッド(糸)リフトを挿入することで、たるみや肌質の改善効果を実感できるのでぜひ参考にしてください。

吸収されないスレッド(糸)リフトの特徴

吸収されないタイプのスレッド(糸)リフトは、溶けるタイプのスレッド(糸)リフトよりも効果が持続するという意見をもつ医師もいます。

そのため、重度のたるみ状態の方におすすめされることも多いようです。

ただし、施術後の効果に満足できなかったり左右差が生まれてしまったりする可能性があり、失敗してしまった場合に取り出すことが困難だったり、取り出せない可能性も高いというデメリットがあります。

そのため、現在は吸収されるスレッドを用いることがほとんどです。吸収されないスレッド(糸)を受けるかどうかは慎重に判断したほうが良いでしょう。

スレッド(糸)リフトの種類を5つ紹介しつつ得られる効果も解説!

ここからは、スレッド(糸)リフトの中でも有名な種類の糸を5つに厳選して医師がご紹介します。

紹介する糸のタイプ・名前は以下の通りです。

 

 

あああああ あああああ あああああ
吸収される(溶ける)糸
あああああ 1,980円 県内
あああああ 1,980円 県内
吸収されない(溶けない)糸 1,980円 県内
あああああ 1,980円 県内

吸収される(溶ける)糸

ポリジオキサノン(PDO)

ポリカプロラクトン(PCL)

上二つは素材なのにこれだけ商品名なのでおかしいのでは?

吸収されない(溶けない)糸

金の糸(ゴールデンリフト)

シルエットリフト

吸収されるタイプと吸収されないタイプで代表的な糸をご紹介するので、施術を検討している方は参考にしてください。

実際に施術を受ける際の費用相場も一緒にお話ししていきます。

ポリジオキサノン(PDO)

溶ける糸の中でも有名な「ポリジオキサノン(PDO)」のスレッド(糸)リフト。

手術が終わった後の縫合などにも使用されているタイプの糸なので、安全性の高いスレッド(糸)リフトとして知られている特徴があります。

「ポリジオキサノン(PDO)」のスレッド(糸)リフトは、8,000円〜50,000円程で施術を受けられるので、安全にリフトアップ効果を実感したい方はぜひ相談してみてください。

ただし、1年ほど経過した頃には吸収されてしまっている特徴があるため、施術から1年〜1年半経過した頃には段々と元の状態に戻ってしまうでしょう。

安全かつ、リーズナブルな価格でスレッド(糸)リフトの施術を受けたい方におすすめです。

ポリカプロラクトン(PCL)

柔軟性が特徴t的で、スレッドリフト好きな方に知られているポリカプロラクトン(PCL)のスレッド(糸)リフト。

ポリカプロラクトン(PCL)のスレッド(糸)リフトは、およそ2年ほど持続する特徴があるので、溶ける糸の中でもっともリフトアップ効果を実感できるとされています。

従来のスレッド(糸)リフトよりも柔らかいため、施術時に痛みを感じにくいメリットがあるのでおすすめです。

費用相場は50,000円〜100,000円とされています。

従来の溶けるスレッド(糸)リフトよりも持続期間が長いので、長期的なリフトアップ効果を求めつつ、美肌効果を実感したい方はぜひ施術を検討してください。

金の糸(ゴールデンリフト)

金の糸(ゴールデンリフト)は、多くの場合PDOなどの吸収糸の周りに金がまぶしてあります。純度の高い金を用いた糸を使用し、リフトアップ効果や美容効果が得られるという謳い文句で一世を風靡したスレッド(糸)リフトです。

主に、毛穴の開き・美白効果・ニキビ・乾燥肌や肌の老化を改善する効果があるとされていました。

しかし、金の糸(ゴールデンリフト)を挿入しても、リフトアップ効果が永続する訳ではありません。加えて、将来CTやMRIなどの画像診断を受ける際には、金の成分が反応して、不利になります。

また、軸となる部分は上記のように徐々に吸収され、金の成分のみが体内に散財するようなかたちとなるので、一度入れたら数年たってから抜去するのは不可能です。

シルエットリフト

シルエットリフトは、細かくコーン状のトゲがついているのが特徴的なスレッド(糸)リフトです。

シルエットリフトの安全性は以下の通りです。

シルエットリフトはFDA(米国食品医薬品局)の認可を受け、CEマーク(ヨーロッパの製品安全規格)を取得し、安全性が認められています。

引用:https://www.shiromoto.to/ct/facelift/method/silhouettelift.php

日本の厚生労働省で認可は降りていませんが、海外で安全な治療だと認められている特徴があります。

リフトアップの持続期間は2年〜4年ほどとされています。

シルエットリフトの費用相場は、200,000円〜300,000円です。

スレッド(糸)リフトを選ぶ際のポイントを解説!

「スレッド(糸)リフトにはいろんな種類があるのはわかったけど、自分に合う糸はどうやって選べばいいのかな?」と悩んでしまいますよね。

ここからは、スレッド(糸)リフトを選ぶ際のポイントを3つに厳選してご紹介します。

挿入する糸の素材や特徴をチェック

糸の素材が柔らかくて、施術時の痛みが少ない素材なのかだけでなく、リフトアップ以外で得られる美容効果に注目するのもいいでしょう。

ただし、「美容効果に注目しすぎて満足いくリフトアップ効果が得られなかった…。」と後悔してしまうケースもあります。

そのため、施術することでどれくらいのリフトアップ効果が見込めるのか、事前に医師へ相談してみるのもおすすめです。

中には、スレッド(糸)リフトを皮下組織に固定してくれるタイプもあるので、少しでも不安なことがあれば医師に相談してみてください。

スレッド(糸)リフト挿入後の持続期間を確認する

スレッド(糸)リフトの持続効果を知ることで、次回はいつ受ければいいのかなどを知ることができます。

またスレッド(糸)リフトは、他の治療と組み合わせて受けることで効果を長引かせることもできます

そのため、カウンセリング時に組み合わせ治療について医師に相談するのもいいでしょう。

スレッド(糸)リフトのコグやトゲの状態をチェックしよう

最後に、挿入するスレッド(糸)リフトのコグやトゲの状態をチェックし、どれくらいリフトアップ効果を実感できるのかを確かめましょう。

コグやトゲの状態によって、皮下組織へしっかりとひっかかるのかを知ることもできるのでおすすめです。

そのため、リフトアップ効果だけでなく美容効果を実感したい方は、しっかりとコグやトゲの形状をチェックするといいでしょう。

しっかりと皮下組織にひっかかることで、スレッド(糸)リフトから増生されるコラーゲンが均一に行き渡る特徴もあります。

スレッド(糸)リフトの施術を受ける際の注意点を紹介

スレッド(糸)リフトの施術を受ける際は、症例実績や施術件数が豊富なクリニックにお願いするようにしましょう。

もし、技術・知識不足な医師にお願いすると左右差が生まれてしまったり、施術後のダウンタイム期間が長引いてしまう恐れがあります。

一方、腕の良い医師にスレッド(糸)リフトの施術をお願いすることで、従来のダウンタイム期間よりも短く、満足のいく仕上がりを実現しやすくなるのでおすすめです。

また、糸を挿入する本数が増えていくことで金額が変動してしまうケースもあるので、最終的な金額を医師と話し、納得してから施術を受けるように注意しましょう。

スレッド(糸)リフトを受けるなら症例数の多いスワンクリニック銀座がおすすめ


スワンクリニック銀座では、院長をはじめスタッフのほとんどがスレッド(糸)リフト治療の経験者です。

自分たちが実際に治療を受けることで患者様の立場になり、どうやったら満足していただけるのかを考えながらカウンセリングを行なっています。

ひとりひとりのお悩みに寄り添いながら最適な治療を包み隠さずにお伝えしているため、患者様からの満足度も高いです。

ここからは、そんなスワンクリニック銀座のスレッド(糸)リフトの特徴や施術の詳細をご紹介します。

少しでもスレッド(糸)リフトを受けようか悩んでいる方は、気軽に当院へお問合せください。

スワンクリニック銀座のスレッド(糸)リフトの特徴について

当院では「スワン式スレッドリフト」という独自の技法を採用しています。

麻酔自体の痛みを少なくするためにも、当院オリジナルの工夫した組成としており、通常よりも痛みを感じづらくしています。

そのため、施術中の痛みはもちろん、施術後の痛み・腫れが少ないだけでなく、自然な仕上がりにできるのが最大の特徴です。

解剖学に基づいた技法で、持続効果を実感することができるので、スレッド(糸)リフトを検討中の方は気軽にお問合せください。

カウンセリングを徹底しているので自分に適した治療が受けられる

スワンクリニック銀座では、患者様ひとりひとりに向き合って治療するよう徹底しています。

スレッド(糸)リフトで多くの方が悩まれるのが、効果・ダウンタイム・持続期間・コストのバランスです。

一般的に持続効果の長いスレッド(糸)リフトほど、ダウンタイムや術後の腫れ、違和感、コストが上がっていく傾向にあります。

ですが、実際は持続の長い糸を沢山入れれば入れるほど、全員が満足してくださるわけではありません。

そのため、スワンクリニック銀座ではリフトアップさせたい部位ごとに価格を設定しているだけでなく、何本挿入しても料金が変わらないような金額にしています

その方に適した糸の組み合わせを本数の制限なく医師がご提案することで、料金が変わることはないので安心していただけたらと思います。

頬の深部にある脂肪を除去する「バッカルファット除去」や「ヒアルロン酸」などと組み合わせて治療することも可能なので、不安なことや疑問点があれば、気軽に当院へお問合せください。

記事監修医師プロフィール

スワンクリニック銀座院長/日本形成外科学会専門医・医学博士

福澤 見菜子

経歴
2006年慶應義塾大学医学部卒業
2008年東京大学医学部付属病院 形成外科美容外科 入局
2012年大塚美容形成外科 千葉院院長 就任
2017年湘南美容クリニック 松戸院院長 就任
2019年湘南美容クリニック 赤坂見附院院長 就任
2020年医学博士取得
資格
日本美容外科学会(JSAPS、JSAS) 正会員
日本形成外科学会専門医 / 医学博士
埼玉医科大学総合医療センター形成外科・美容外科 ⾮常勤講師